無料ブログはココログ

2018年5月26日 (土)

Leica DG VarioElmarit 50-200mm/2.8-4OIS.(スペック)

随分と長く待たされたパナのライカ望遠ズームである。

20180526a

焦点域は35mm換算で100mmから400mmまでの長焦点を誇り、ライカ銘柄な光学性能を持ち、しかも防振機構まで付いている美味しいレンズだ。

20180526b

サイズはø76mm x 132mm、重量は655g。
F2.8-4の可変ズームであるが故に、換算400mmまでのズームとしては非常にコンパクトなサイズになっている。
質感は同シリーズのライカズーム同様、しっかりした作りをしている。

20180526c

レンズ構成は15群21枚(非球面レンズ:2枚、UEDレンズ:2枚、EDレンズ:2枚、UHRレンズ:1枚)。
特殊レンズは全体の1/3である7枚構成となっている。

20180526d

フィルター径は67mm。
絞り羽根は9枚円形虹彩絞りである。

20180526e

インナーフォーカスであるが、ズーミングによって鏡胴が伸びるタイプだ。
テレ端で45mmほど伸長する。

ズーミングは適度な重さがあって、非常に回しやすい。
ワイド端からテレ端までだいたい90度ほど。
ズームリングから一度手を離さずに一気にテレ端まで回せるのはありがたい。

20180526f

ピントリング、ズームリングはライカズームのシリーズと同じ上品な使い勝手だ。
高品位だけあって、途中でリングの抵抗が変わったり、下向きにしてズームが伸びてしまうようなことはない。

20180526g

レンズには防振機構のPOWER O.I.S.が搭載されており、パナ製の対応ボディと併用することでボディ+レンズの防振を組み合わせたDual I.S.2を体感出来る。

以前のパナレンズから見ると冗談みたいに良く効く補正効果だ。
効果のピークは恐らくはオリンパスに肉薄していると思われる。
ただ補正能のピークが現れるまで若干のタイムラグがあり、それが唯一惜しまれる。
しかし使ってみれば実用面でまず問題は感じられにくい。

フォーカスはスイッチ式でオートとマニュアルを切り替える。
オリンパスのマニュアルフォーカスクラッチに慣れていると若干もどかしい。

20180526h

最短撮影距離は75cm、最大撮影倍率は35mm換算で0.5倍。
望遠ズームでありながら、ハーフマクロ的な使い方も出来てしまうと言う信じられないレンズ。

20180526i

フードはロック機構付きの円筒形だ。
ここは花形が欲しかったが、やはり望遠ではインナーズームの方が似合うかなあ?

フード内部は溝タイプである。
個人的には起毛タイプだが、パナには存在していないので諦めている。

camera

以前のパナシステムから考えると、手持ちでこれだけの防振補正能を有するレンズが登場したことは実にありがたい。

このレンズに三脚座は存在しないが、655gと軽量なのでボディを三脚に固定しても十二分に実用的だ。
しかし、この軽さであれば、やはり手持ちで気軽に持ち出す望遠ズームとして使用したいところである。

次回はレンズのテスト撮影で光学性能を確認してみたい。

flair

Leica DG VarioElmarit 50-200mm/2.8-4OIS.

スペック
テスト撮影

2018年5月25日 (金)

Leica DG VarioElmarit 50-200mm/2.8-4OIS.がやってきた

入荷したというので、早速パナ製のライカ望遠ズームをいつものカメラ屋さんで手に入れてきた。

20180525a

フルサイズ比較で考えると、35mm換算とは言え100-400mmとは信じられないほどのコンパクトさである。
コレで手振れ補正が付いて、ライカ銘柄を名乗る光学性能を誇るならば文句はない。

20180525b

35mm換算でハーフマクロとして撮影出来るほどに接写が可能な高性能ズーム。
マイクロフォーサーズを使用してからは、マクロレンズはトンとご無沙汰である。

どんな写りになるかなあ。

2018年5月24日 (木)

入荷連絡

注文しておいたパナソニックのライカ版望遠ズームが入荷したという連絡が来た。
35mm換算で100mm-400mmの焦点域を誇る高性能ズームだ。

20180524a

明日、引き取りに行きますか。
実際に使うのは週末以降になるだろうなあ。

20180524b
Panasonic DC-G9Pro+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

望遠ズームかあ…。さて、何処に持ち出しますかねえ。

«私室の新PC