無料ブログはココログ

2018年4月 1日 (日)

諸刃

今日は休日だが月頭なので仕事場へ行かねばならない。
ところが嫁さんに用事が出来てしまったために娘の面倒を見ることになった。
最初はエイプリルフールかと思って本気にしていなかったら、嫁さんにちょっとキレられた。(笑)

取り敢えず嫁さんが出かけた昼過ぎから娘を職場に連れて行って、私室のソファでamazonプライムビデオのソフィアを見せておいた。
私は横の机で雑務をこなす。

20180331a
Sony a7SII+Leica MacroElmarit R60mm/2.8

これはスゴい!
仕事が捗る。
娘にはドリンクとおやつを与えておくだけで良い!

しかし嫁さんには黙っておこう。
ビデオをずっと見せておやつを与え続けていたなんて知られたら怒られてしまう。
まあ、月頭の非常用対処法であるからいいか。

しかし、娘が味をしめてしまうと厄介だなあ。
諸刃の剣だ・・・・。

2018年3月31日 (土)

出納帳

土曜日は仕事上がりにでもお花見をやろうかという話があった。

20180331c
Olympus E-M1 MarkII+M.ZD ED300mm/4 IS PRO

早々に雑務を終わらせようと出納帳の計算に入った。
今日で今月は終わりなので来月への繰り越し計算をチェックするのだ。

因みに手書きの出納帳だ。(笑)
PCによる管理も行っているが、これは開業当初から続けている一種の一日業務の終了に書き込む儀式のようなものだ。
枠外にちょっとした書き込みが出来るので後で確認する時など結構重宝している。

ところがこの日の出納帳の月計算が合わない。
時々あるのだが、再計算をすれば額面通りとなることが殆どだった。

僅か数百円の差なのだがどうしても合わない。
日々の計算は正しいのだが、最後の収入・支出による残高が何度やっても別の金額になるのだ。

1時間近く悩んでいたら、次ページに書き写す繰越金額を微妙に間違えていたことが発覚した。
同じような数字が羅列していたのでミスったのだ。

20180331b
Sony a7SII+FE24-105mm/4G OSS

何かとてつもなく疲れたので、人混みの中のお花見に出かけるのは欠席してしまった。
以前は直ぐに気づいたものだが、やっぱり年を取ったのであろうか。
その方がちょっとショックだったかも知れない。

一人私室でチビチビやった。
素直に紙は止めてPC管理に切り換えるかなあ。

2018年3月30日 (金)

次世代手ブレ補正

いつものデジカメinfoさんにオリンパスの手振れ補正に関する記事が掲載されていた。

オリンパスの次世代の手ブレ補正は更に高性能化する
デジカメinfo

オリンパスインタビューなのだが、タイトル通りの内容になっている。

以前、地球の自転云々というレベルにまで達していた手振れ補正機構が、より高性能化されるのだとか。

これはスゴい。

20180330a
Olympus E-M1 MarkII+M.ZD ED300mm/4 IS PRO

最近、オリンパスのハイブリッドタイプのISを使っている時、「あれ?こんなレベルだったかな」と切れ味の低下を感じることが少なくなかった。

このところパナ製のGH5やG9Proを使用するケースが少なくなく、オリンパスだったらもっと効果があったはずとE-M1 MarkIIを久し振りに持ち出した時に感じたイメージだ。

要はパナのDual ISのレベルが相当上がっているという事だったのだ。

20180330b
Olympus E-M1 MarkII+M.ZD ED300mm/4 IS PRO

オリンパスは「いきなりググッ」と固定される感じの補正感だ。
シャッター半押しの間は食い付いて離さない感が強い。

対してパナは「ククッ・・グッ」と来る感じだ。
防振を働かせた状態でボディを揺らすと食いつき感は若干弱い。

防振補正機構のタイムラグにはオリンパスに一日の長があるが、実際に実用性から言うと個人的にあまり気にならない。

20180330c
Olympus E-M1 MarkII+M.ZD ED300mm/4 IS PRO

オリンパスはこのレベルから更なる上を目指すのだ。
そろそろパナ製ボディのみに落ち着こうかと思ったが、やっぱりまだまだオリンパスボディも確保しておきたくなる記事であった。

«搬入