無料ブログはココログ

ana

  • ana

« メリークリスマス | トップページ | ミケの後日談 »

2009年12月25日 (金)

クリスマスツリー

とうとうクリスマスだ。

今年の自宅のツリーはわずか数日前に出したばかりである。
理由は置く場所の確保がなかなかできなかったからなのだが。

20091225
Pentax K-7+FA77mm/1.8Limited

今、置いてあるツリーは白い樹脂と金属で出来た偽物であるが結構大きい。飾り付けには椅子が必要になる高さだ。

私が幼い時のクリスマスツリーはモミの木を使っていた。庭に植えてある小さなモミの木を鉢植えに植え替えて玄関に入れて飾り付けをしていた。
兄と一緒に雪に見立てた綿やすぐに割れるガラス玉、フィラメントが切れやすい色電球の装飾などを競い合って楽しく付けたものだった。

このモミの木は自分にとっても印象深く、土と葉の香り、そして木の感触など未だに覚えている。子供時代のいい思い出でである。
クリスマスシーズンだけの主役であった家のモミの木は段々に大きくなり、いつの日からかクリスマスにも見る事はなくなっていた。そしてある時を境に庭のどこにも生えていない事に気づいた。
中学生くらいの頃だったろうか、母親にモミの木の所在を確認すると大きくなりすぎたのでかなり前に処分したそうだ。それを聞いたときには結構ショックだった。

本来ならば子供達にも本物のモミの木でツリーを飾ってあげたいところだが、如何せん庭がチェリーの額ほどだ。買ったは良いがおそらく毎年の管理が出来ないであろう。

まあ素直に樹脂製で我慢してもらいましょうか。
兄弟で仲良く飾り付けしてしているところを見ていると自分の頃とダブるようだ。

ただチェリーがツリーによじ登ってガラス玉を猫パンチするのはやめてもらいたい。本当に危ない。

« メリークリスマス | トップページ | ミケの後日談 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスツリー:

« メリークリスマス | トップページ | ミケの後日談 »