無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 雪中トレッキング | トップページ | 高水三山(岩茸石山編) »

2010年2月 6日 (土)

高水三山(高水山編)

先日のブログでも書いたが、木曜日に青梅にある高水三山に行ってきた。
高水三山は高水山、岩茸石山、惣岳山の3つの山からなっており、標高は岩茸石山の793mを筆頭に700m越えの三山である。

20100206

手軽な低山で人気がある山だ。実は昨年末に一度上ろうとしたが体調不良で断念した苦い経験があったので、今回はそのリベンジも兼ねて再挑戦した。

私のトレッキングは日帰りの場合、かなり早く出発して昼頃に帰るというスタイルをとっている。
そして午後は昼寝をするのだが、これがまたスバラシイ。ほどよい疲れでまったり眠れる。

さて今回の高水三山だが心配事が一つあった。
それは今週頭に降った東京の大雪だった。当然ながら奥多摩にも大雪は降ったであろう。問題はその雪がどのくらい残っているかだった。

一応、友人に雪対策もするようにと言って当日を迎えた。
前日夜にミゾレが降って一瞬びびったが、当日の出発時には星がよく見えてる。快晴だ。
友人と武蔵小杉で待ち合わせをし、電車で青梅まで足を伸ばす。
青梅線に乗り換え軍畑で下りたところ御岳山は雪一色だ。
これはヤバイのではないかと友人と話しながらハイキングコース入り口に向かい歩いていくと、案の定積雪した高水山と岩茸石山が見えた。

20100206a
Olympus E-P2+Lumix G14-45mm/3.5-5.6

入り口までの車道は僅かしか雪が見られないが、入り口に続く階段は一部地面が見えているとはいえ、うっすらと積雪している。だが風はなく快晴で絶好の登山日だ。

20100206b
Olympus E-P2+Lumix G14-45mm/3.5-5.6

登り始めると遊歩道はすでに積雪が目立ちはじめ、明らかに入り口とは様相が異なってきたので早めにブーツに軽アイゼンとスパッツを取り付ける。

6合目辺りから積雪もハンパじゃなくなり、場所によっては20cmを超えてきている。
晴れているために杉の木から落ちてくる雪塊もやっかいだ。雪が落ちて首根っこに入ると大騒ぎだ。暑くて汗をかくのを我慢してフードを被る。

20100206c
Olympus E-P2+Lumix G14-45mm/3.5-5.6

足もとに気をつけながら時間をかけつつようやく高水山不動尊に到着した。この辺りの積雪は30cmを超えていた。

20100206e
Olympus E-P2+Lumix G14-45mm/3.5-5.6

三山巡りの無事を祈願しつつ裏手の高水山山頂に到着した。日当たりが良かったせいか、一部は地面が露出している。簡単に食事を取って沸かした熱湯でコーヒーを飲む。低山とはいえ、山にきたときにはこれに限りますね。

20100206d
Olympus E-P2+Lumix G14-45mm/3.5-5.6

さて、次は岩茸石山に向かいます。

« 雪中トレッキング | トップページ | 高水三山(岩茸石山編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高水三山(高水山編):

« 雪中トレッキング | トップページ | 高水三山(岩茸石山編) »