無料ブログはココログ

ana

  • ana

« カエルとマクロエルマリート45mm | トップページ | タフネスなコンデジDMC-FT2 »

2010年3月 7日 (日)

E-P2とマウントアダプター

マイクロフォーサーズはフランジバックの短さから、アダプターを介して様々なマウントのレンズを取り付けられる利点がある。
しかし小さいセンサーサイズから画角がフルサイズ換算で倍になってしまうという欠点もある。

小型且つ軽量であるマイクロフォーサーズは、使用するレンズも小型だとマッチングがよろしい。あえて言えばMマウントレンズがよく似合う。

E-P2にはボディ内手振れ補正が搭載されており、アダプターを介したMマウントレンズを存分に味わうことができそうだ。
ただ比較的常用に耐え、近接撮影も可能なレンズとなるとかなり限られてくる。

Mマウントレンズはカメラボディの特性上、最短距離が70cm程であり、より近接撮影可能なレンズは数が少ない。
現時点で自分が所有する近接撮影50cmのものは、C Biogon21mm/4.5とBiogon28mm/2.8の2種のみだ。

Czcb21 Czb28

C Biogon21mm/4.5は超広角レンズで換算42mm/4.5と魅力的な画角であるが、開放F値が4.5とやや暗いレンズだ。被写界深度は稼げるが、マイクロフォーサーズ欠点の高感度耐性を考えると開放F値2.8のBiogon28mmの方がよいだろう。
こちらは換算56mm/2.8、近接50cmと常用レンズとして何とか体を成している。

20100307a 換算56mm/2.8 

20100307g 最短撮影距離 50cm

せっかくF2.8があるので雨が降っていたが、屋外で背景をボカしたり近接で撮影してみる。
マウントアダプターを介しているMFのため、MFアシストを使用してピントを合わせる。EVFの覗きつつ雨の中傘をさしながらかがんで撮影した。
この体勢での撮影は非常に楽だ。これは可動式のEVFならではだろう。

20100307b これは本当に優れもの

目にEVFを押しつけてカメラを固定し、ピントをMFアシストで合わせていく。
使っていて思ったが、MFアシストは独立したボタンをつけてくれるとありがたい。
使わない人は全く使わないだろうが、EVFから覗けるこの機能はもっと売りにしてもいいのではないだろうか。

20100307f Biogon28mm/2.8

20100307d Biogon28mm/2.8

20100307c Biogon28mm/2.8

仕事が終わった後に撮影を始めたが結構面白かった。
雨が降っていたにもかかわらず夢中になってカメラをいじくりまわしてしまったが、今日はこの後にいつものお店にあるものを取りに行くのだ。
もう少し撮っておきたかったが時間もあまりないので早めに切り上げ、雨の中を職場に戻ってきた。

妙に背中が重たい。
出かけようと準備をしたら背中がびしょ濡れになっていた

« カエルとマクロエルマリート45mm | トップページ | タフネスなコンデジDMC-FT2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-P2とマウントアダプター:

« カエルとマクロエルマリート45mm | トップページ | タフネスなコンデジDMC-FT2 »