無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 40mmと28mm | トップページ | 桜5分咲きとZD150mm/2.0 »

2010年3月28日 (日)

M9とSDカードの相性

まず先に言っておきたいのであるが、今回の話はグダグダな失敗談である。
ネタを準備していたにもかかわらず、再現性がとれなかった典型的なダメレポートだ。

M9には時折話題に上がる、SDカードの相性問題がある。
比較的まれなケースと思っていたが、先日自分のM9にもそれは発生した。

そのSDカードは東芝製のSDHC8GC6だ。

20100328c

そのカードをM9に入れて撮影すると、背部の液晶に現れる確認画像の下半分がノイズにまみれて判別できないような形で表示される。

正直かなり焦った。買って1ヶ月経たぬうちに、もう壊れて修理行きかとショックを受けたが、別のSDカードをM9に挿入して撮影すると何事もなかったかのように液晶にきれいな画像が表示される。
M9本体の故障ではなさそうなため、東芝のSDカードを自宅のPCで確認してみた。

20100328e M9+Sonnar40mm/2.8

PC上では問題なく撮影されているようだ。
要は東芝のSDカードを使用すると、背面液晶下半分がマスクされたような画像が表示されるのだ。
半分マスクされた液晶画像の写真は撮っていなかったので存在はしないが、この時は再現性はほぼ100%であったと思う。

自分はいろいろなメーカーのSDカードを持っている。
これらのカードで同様の現象が起きるか、1枚ずつカードを入れかえ撮影してみた。

20100328d

結果は東芝のSDHCを含めてM9にその現象は再現されなかった。
一時的なトラブルかも知れない
ネット上では他メーカーでトラブルが起きているようだが、そのメーカーのSDカードでは私のM9は問題は生じていない。

どうもすっきりしないトラブルだ。
再現性がないのは気分的に持病を持っている感じがして、いつ再発するかという強迫概念にも似ていて精神衛生上よろしくない。

実はこのネタを書く前に致命的なミスをしてしまっていた。
先日M9のファームをアップデートしてしまったのだ。
多分、再現性がとれないのはコレが原因と考えられる。ネタとしてファームアップを待っておくべきだったとちょっと後悔している。
ちょうどこの記事で100件目のキリ番だったのに、ひどいグダグダ日記だ。

アップデートによってSDカードのトラブルも起こらなくなったというのであれば、それなりに意味のあるものではあるが。

まあ、私のへたな撮影データを心配することなく使うのならば、ライカが実際に確認したSD カードを選んでおくのが安全と言うことか。

« 40mmと28mm | トップページ | 桜5分咲きとZD150mm/2.0 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M9とSDカードの相性:

« 40mmと28mm | トップページ | 桜5分咲きとZD150mm/2.0 »