無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 川で選択 | トップページ | 久しぶりのキヤノン »

2010年4月12日 (月)

片目とEVF

最近は花のマクロが多いせいか、マイクロフォーサーズにはマクロレンズが付けっぱなしである。

MFアシストを有効に利用してピントを追い込めば、E-P2の手振れ補正の効果も相成って接写成功率が高くなる。ただ前後の動きには弱いので注意を要するが。

20100412g

EVFの力は本当にスゴイと思う。
しかし外付けEVFにも欠点はある。ネコなどの動きものを写すと、EVFに今写した画像が表示されるため、その間に被写体が動いて見失ってしまったりと動きの予想がつけにくいのだ。

20100412a ネコを撮っていても
E-P2+LeicaDG MacroElmarit45mm

20100412b_2 次の瞬間、後向いてしまっていたり
E-P2+LeicaDG MacroElmarit45mm

20100412c 変な顔でアクビしてたり
E-P2+LeicaDG MacroElmarit45mm

覗いている反対の目で見ればいいという意見もあるだろう。
意識してそうするようにはしているが、素早く撮るときなどはクセで反対の目をどうしても瞑ってしまう。
私は年中ファインダーを覗くときは片目で撮影しているのだ。

EVF内の撮影画像表示はカメラ本体の設定で表示できないようにすればよいのであろうが、デジタルのクセでシャッター後に必ず表示させないと気が済まなくなってしまっていた。
どこまでもデジタル一眼レフのクセが体に染みこんでしまっているのだ。

20100412f
E-P2+MacroElmaritR60mm

ところでファインダーを覗く人は右目が多いのだろうか、左目が多いのだろうか。
今のデジタルカメラの背面部を見れば、おそらくは右目で覗くことを前提としてデザインされているようだ。

20100412d 海棠
E-P2+LeicaDG MacroElmarit45mm

以前私は利き目である左目でファインダーを覗くクセがあった。
だがデジタルになってから撮影中のボタン操作が多くなったため、無理矢理利き目を視力の悪い右目に切り換えたのだ。
その時の努力は本当に大変なものだった。

20100412e 木瓜
E-P2+LeicaDG MacroElmarit45mm

このように新しいデバイスが出現するとそれに適応させようと体に覚え込ませなくてはならない。
マイクロフォーサーズの向かうところはまだ分からないが、せめて一眼レフの使い勝手を踏襲してくれれば、私にとってかなり敷居の低いものになってくれるのだが。

« 川で選択 | トップページ | 久しぶりのキヤノン »

コメント

あくびをしている猫ちゃんも可愛いじゃないですか。
花を食べているみたいに見えますし、これこそ決定的瞬間です

いやー、ホントにEVFは先が読めないんですよ。
ファインダーが回復してから、「あれ?ネコは?」ときょろきょろしてしまうことも少なくありません。
でも私はこのEVFは大好きですね。未来のカメラを感じさせてくれます。
もちろん光学ファインダーも大好きですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片目とEVF:

« 川で選択 | トップページ | 久しぶりのキヤノン »