無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 留守番 | トップページ | Leica X1とコシナ35mm ViewFinder M »

2010年8月14日 (土)

あるマウントの終焉?

いつものカメラ屋さんから頼んでおいたファインダーが来たと連絡があった。

20100814_2

Leica X1に取り付ける予定の35mmビューファインダーだ。
Leica純正のファインダーが手に入りにくいため暫定的に注文したものだが、多分これメインに使うことになりそうな予感がする。

さっそく土曜日に取りに行こうと思う。

ところで某ブログで次期フォーサーズ機のFT4スペックが載っていた。

・外観は3インチ?液晶サイズを除いてE-3とほぼ同じ。
・動画撮影可能で画素は据え置き。
・その他の詳細は不明で何もなさそうとのこと。

やはりフォーサーズは終わりを迎えそうだ。
自分はメジャーなモノよりもややマイナーなモノを好む傾向があるが、それはマウントの終わりに遭遇する可能性を含んでいる。

マウントの終焉を迎えるのはこれが初めてではない。

つい去年にライカRマウントの終わりをダイレクトで味わった。
使用マウントの連続終焉は結構こたえるものだ。

本格的にDSLRの後継メーカーを考えなくてはならなくなった。
安心のメジャーDSLRで行くか、こだわりのマイナーDSLRで行くか。
いや、そもそもDSLRにこだわらずにマイクロだけで行くという選択もある。

しかしオリンパスの一眼レフボディ内手振れ補正は絶品であった。
これが失われるのは非常に惜しいのだ

« 留守番 | トップページ | Leica X1とコシナ35mm ViewFinder M »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるマウントの終焉?:

« 留守番 | トップページ | Leica X1とコシナ35mm ViewFinder M »