無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 寝姿山 | トップページ | 7DとRAW選択 »

2010年9月 1日 (水)

下田富士

伊豆急下田駅徒歩2分の場所にある標高180mの下田富士だ。

20100901b 下田公園より撮影
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

駅から非常に近く、ハイキング気分をお手軽に味わう事が出来る山だ。
ツレと話しながらゆっくり登って約20分で登頂できた。
子供がいると30分以上はかかりそうだが、途中危険な所もあるので幼児の同伴はおすすめできない。

入り口は駅近くの四つ角にある。

20100901t
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

登山口に鳥居があるのですぐに分かるはずだ。
鳥居の両脇には狛犬が鎮座しており、奥に神社が祭られていることが分かる。

20100901d 20100901c_2 左右の狛犬
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

狛犬は右側が口を開いた「阿像」で、左側が口を閉じた「吽像」だ。
ちゃんと阿吽になっている。

鳥居をくぐると少し長い石段がある。
途中、人とすれ違い挨拶する。

20100901e
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

セミの鳴き声が凄いこの石段を登り切ると、開けたところに竜爪神社が見られる。

20100901f
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

この竜爪神社の裏手に道が伸びており、そこから頂上の浅間神社まで続いている。
道は下田富士の緩斜側の尾根伝いに作られているようで、比較的歩きやすく見晴らしもよいコースになっている。
ここから先、人に会うことは全くなかった。

20100901g
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

20100901h
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

だが一部片側が急斜になっている道もある。

20100901i 市街地側がマズイ、足もと注意だ
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

雨後などで滑りやすくなっている時や小さい子供がいるときなど危険であろう。
滑り落ちたらただでは済まなそうな感じである。

20100901j あとはこのような道が続く
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

下田富士は一つの岩で出来ていると言われている。
頂上に近づくと、なるほど確かに道は大きな岩の上を歩くようになっている。

20100901k
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

見晴らしも良くなり、風が気持ちいい。
上の方に鳥居が見えた。

20100901l
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

どうやらあそこが頂上らしい。

頂上に着くと少し開けた状態になっている。
四方は木に囲まれており展望は良くないが、登ってきた体を木陰とそよ風が冷やしてくれるので気持ちがいい。

20100901m
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

富士の名前がついている下田富士のためか、浅間神社が祭られている。
神社でお賽銭を入れて旅の安全を祈願した。

20100901n
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

木立の隙間から先日の寝姿山が見えた。

20100901o
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

あちらの方が30mほど高いようだが、こうして見てみると不思議にこちらの方が高くさえ感じる。
その向こうに伊豆大島と利島が確認できる。

20100901q
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

そろそろ降りることにする。
鳥居をくぐってもと来た道を下っていく。

20100901r
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

トレッキングポールを持ってきたので下山が楽だ。
足場をよく確認しながらゆっくりと降りていく。

20100901u_2
EOS-7D+EF-S10-22mm/3.5-4.5 USM

途中、下田の街が一望できた。
先日歩いた高根山・寝姿山のコースがよく分かる。
謎の城も見える(笑)。

また下田に来てみよう。
今回は観光地でありながら行く先々で全くと言っていい程、人と出会わなかった。
久方ぶりの開放感あふれる旅だ。

たまにはこんな旅もいいモノだ。

« 寝姿山 | トップページ | 7DとRAW選択 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下田富士:

« 寝姿山 | トップページ | 7DとRAW選択 »