無料ブログはココログ

ana

  • ana

« DMC-FT3を使ってみる | トップページ | Leica DG MacroElmarit 45mm/F2.8 Asph. OIS.を使ってみる »

2011年2月27日 (日)

XZ-1とアートフィルター

などと、たいそうなタイトルを付けたが、要はXZ-1で各種アートフィルターで撮影しただけである。
しかも夜景を。

まあ、大半のアートフィルターの作例は昼間が多いと思うので、ある意味反面教師的なことで参考になるかも知れない。

20110227z5

XZ-1のモードダイヤルでアートフィルターを選択すると以下の6種が選択可能だ。

1.ポップアート
2.ファンタジックフォーカス
3.ラフモノクローム
4.トイフォト
5.ジオラマ
6.ドラマチックトーン

このフィルターはレンズ基部に付いているコントロールリングで簡単に変更できる。
これらで日が沈んだ川沿いの高層建造物を撮影してみた。(クリックで拡大)

1.ポップアート
20110228a1

2.ファンタジックフォーカス

20110228a2

3.ラフモノクローム
20110228a3

4.トイフォト
20110228a4

5.ジオラマ
20110228a5

6.ドラマチックトーン
20110228a6

夜景とはいえ、いずれも特徴あるフィルターがきちんとかかっている。
ただ5.のジオラマは、俯瞰で撮った方が効果をはっきり出せるのに、夜景でしかも見上げるように撮影したため効果がはっきりせず、よく分からない写真になってしまった。
それにラフモノクロームも難しそうだ。
コツをつかまないと失敗写真の雨あられになりそうである。

20110227z1
XZ-1(ドラマチックトーン)

XZ-1にあるアートフィルターで特徴的なのが6.のドラマチックトーンだ。
これが搭載されているのは、現時点でフォーサーズのフラッグシップ機であるE-5と、このXZ-1コンデジのみである。

20110227z2 ピントが....
XZ-1(ドラマチックトーン)

お手軽にドラマチックトーンを楽しみたいのならXZ-1を購入するしかない。
E-5と同様にとりあえずRAW撮影をしておけば、後でカメラ内編集によって希望のアートフィルターにJPEGファイルを作成することができる。

20110227z3
XZ-1(ドラマチックトーン)

このカメラは本当に面白い。
F1.8-2.5の明るいズームレンズと、6種類の面白いアートフィルターを併せ持つコンパクトデジタルカメラ。
コンデジとはこんなに楽しかったのか。

惜しむらくはAFが迷ったり、目的の所で止まってくれないことが時々あることか。
オリンパスさん、ファームアップでもうほんの少しだけAF精度が何とかなりませんか?

20110227z6_2
XZ-1


« DMC-FT3を使ってみる | トップページ | Leica DG MacroElmarit 45mm/F2.8 Asph. OIS.を使ってみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XZ-1とアートフィルター:

« DMC-FT3を使ってみる | トップページ | Leica DG MacroElmarit 45mm/F2.8 Asph. OIS.を使ってみる »