無料ブログはココログ

ana

  • ana

« Lumix G Fisheye 8mm/F3.5を使ってみる | トップページ | ヤマト終劇 »

2011年2月10日 (木)

ZD ED 14-35mm/F2.0 SWDを使ってみる

優秀なレンズが揃っているにもかかわらず、フォーサーズの将来性に疑問を感じてかなりのレンズを手放してきた。

その中で、これは残しておこうと感じたレンズが2本あった。
そのうちの1本がこのレンズである。

20110209a

ZD ED14-35mm/2.0SWD。
35mm換算で28-70mm/F2.0の性能を持つハイスピードでゴージャスな標準ズームだ。

重量はフォーサーズの標準ズームとは思えぬ915g。最短撮影距離は35cm、最大撮影倍率は0.12(35mm換算で0.24)倍である。
フィルター枠は意外にも77mmで済んでいる。

このレンズの気に入っている点は、光学性能やしっかりとした作り込みだけではない。
実は私のツボである、ズーミング時の鏡胴の伸び率が少ないのだ。
通常に使用していても、まず気になることはない。
気持ちよく使えるズームレンズの筆頭である。

Pon3

それではポンちゃんのテスト撮影を。
ボディはE-30、ISOは200で固定、WBは太陽光に設定した。

【テスト撮影】

14mm(換算28mm) 左からF2.0/F4.0/F8.0
20110209b 20110209b2 20110209b3

17mm(換算35mm) 左からF2.0/F4.0/F8.0
20110209c 20110209c2 20110209c3

25mm(換算50mm) 左からF2.0/F4.0/F8.0
20110209d 20110209d2 20110209d3

35mm(換算70mm) 左からF2.0/F4.0/F8.0
20110209e 20110209e2 20110209e3

ディストーションは殆ど気にならない。
周辺部までしっかりと解像されており、さすがSHGの標準ズームであると驚かされる。
まあSHGの広角・標準・望遠の3ズームの中では一番の後発であるが故に十分開発に時間をかけたのであろう。
お値段は高いけど。

【最短距離撮影】

次にボケ具合を見るために最短撮影距離の35cmで最大焦点距離70mmにて開放から撮影した。

35mm(換算70mm) 左からF2.0/F4.0/F8.0
20110209f3 20110209f2 20110209f4

さすがF2.0である。きれいにぼける。
35mm換算してしまうと70mm/F4.0相当のボケになってしまうのだが、フォーサーズ使いは僅かなボケでも純粋に喜びたいものだ。
ボケのありがたみがよく分かる。

【実写と感想】

こいつは普通の標準ズームレンズではない。
フォーサーズなのに巨大で915gもの重量があって、しかもトレンドの24mm始まりでなく時代遅れの28mm始まりで....、とネガティブな意見は枚挙にいとまがない。

20110209h
E-1+ZD ED14-35mm/2.0SWD

なのに何でこのレンズに惹かれるのだろう。
デザインか?鏡胴があまり伸びないからか?SWDが搭載されているからか?
否、やはりこのレンズが作り出す画像だと思う。

20110209i
E-30+ZD ED14-35mm/2.0SWD

実際、このズームレンズは売却せずに残そうと考えた後に、デジカメinfoさんから納得のいく記事が載せられた。

オリンパスZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2 SWDは完璧な解像力

この14-35mmはフォーサーズを使っていた人ならば必ずはまり込むレンズだ。
150mm/F2.0のような派手なボケは生み出せないが、上品で周辺まで解像された画像は撮影すること自体に快感すら与えてくれるようだ。

20110209o
E-30+ZD ED14-35mm/2.0SWD

フォーサーズセンサー故にボケは苦手であるが、開放から使えるその画質は見るものを飽きさせることはない。
それがF4.0相当のボケであってもだ。

20110209n
E-30+ZD ED14-35mm/2.0SWD

フルサイズデジタルカメラを使っていると大きいボケや高感度の強みは当たり前であるが、フォーサーズ使いにとってそれらは鬼門だ。
だが14-35mm/2.0を使うことによって周辺までの高画質を維持しつつ、これら欠点を小さくすることができる。
フルサイズに比べれば効果は小さいが、フォーサーズという小さいセンサーからくる束縛をこのレンズにより克服したにも似た充実感を感じ取れるのだ。

20110209p
E-30+ZD ED14-35mm/2.0SWD

ZD ED14-35mm/2.0SWDはフォーサーズにおけるはくちょう座の恒星デネブのようなものだ。
パッと見は単なる一等星なのだが、その実は信じられないほどの超高輝度恒星であり、1800光年もある超遠距離のために普通の一等星にしか見えないという。

実際に手にして撮影してみるとその価値が分かるスーパーハイグレードな標準ズーム。
デネブのように見ているだけではその真の実力は分かりにくい。
是非、フォーサーズユーサーはこのレンズに触れていただきたい。
私はこのレンズを使えただけでフォーサーズに出会えて良かったと感じてしまうのだ。

« Lumix G Fisheye 8mm/F3.5を使ってみる | トップページ | ヤマト終劇 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZD ED 14-35mm/F2.0 SWDを使ってみる:

« Lumix G Fisheye 8mm/F3.5を使ってみる | トップページ | ヤマト終劇 »