無料ブログはココログ

ana

  • ana

« SIGMA 17-50mm/F2.8EX DC OS HSM(スペック) | トップページ | SIGMA 17-50mm/F2.8EX DC OS HSM(テスト撮影) »

2011年5月28日 (土)

理想の弁当箱

先日話した弁当箱の続きである。
実は弁当箱を新調した。

パッキンを取り外しての弁当箱の洗浄は非常に面倒なモノだ。
おかず入れ2つ分のパッキンと、ご飯のお櫃用パッキンの計3つ。

これらを職場のシンクで洗うのだが、きれいに洗った後にバラして置く場所などの問題もあるため、非常に手間暇のかかる作業だった。

20110527b 20110527c

取りあえず作業をはかどらせるために、アスクルから水切りカゴとステンレス製のザルを購入した。
これにより作業効率が一気に改善する。
ステンレス製ザルに入っているバラした弁当箱達を、洗いながら次々に水切りへと運んでいく。
なるほど、主婦らが愛用するモノはよく考えられているのだと感心した。

ところが、しばらくして愛用弁当箱が使えなくなってしまったのだ。
パッキンの劣化を防ぐために、使用時以外に外すようにしていたシリコン製パッキンを紛失してしまった。
おかずの一部が漏れ出して専用ポーチが大惨事になることが頻出したのである。

やむを得ず、新弁当箱を急いで選択する必要があった。
店頭で探していると、非常に気になる商品を見つけることができた。
THERMOSの保温弁当箱である。

20110527i

驚いたことに、おかず入れもお櫃もパッキンが存在しない。
おかず入れはシリコンラバー製の蓋のみで液漏れを防いでいる。
お櫃は樹脂製のロック式で密閉性を高めてある。

20110527g

これはよろしいと0.8合容器を購入した。
本当は1合容器でも良かったのだが、最近の体重増加を気にして少なめの容器を選んだのだ。

本領を発揮したのは職場での洗浄である。
洗う時間がわずか半分以下になったのだ。

サーモス、最高!

思わず声が出そうになるほどだ。
購入してから一週間ほど経つが、使い勝手はどの弁当箱よりも優れている。
おかず入れの隅も丸みを帯びているし、箸入れだって使いやすいし洗いやすい。
いつもよりご飯が美味しく感じてしまうほどだ。

20110527f

ただし欠点もある。
それは弁当箱を入れる付属の専用ポーチだ。
これが非常に使いにくい。
早くご飯を食べたいのに、デッドスペースが少なくきっちり詰まっているのでなかなか取り出せない。
上下方向の左右に開くジッパーでなく、水平に取り付けて蓋状に開くジッパー方式にして欲しかった。

20110527d

なので弁当を入れるポーチは、以前の専用ポーチに入れて代用している。
これはこれで非常に使いやすいのだ。

弁当箱道は奥が深い。

« SIGMA 17-50mm/F2.8EX DC OS HSM(スペック) | トップページ | SIGMA 17-50mm/F2.8EX DC OS HSM(テスト撮影) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想の弁当箱:

« SIGMA 17-50mm/F2.8EX DC OS HSM(スペック) | トップページ | SIGMA 17-50mm/F2.8EX DC OS HSM(テスト撮影) »