無料ブログはココログ

ana

  • ana

« Leica DG Summilux25mm/F1.4 ASPH.(スペック) | トップページ | 唐津みたび »

2011年7月27日 (水)

M.ZD ED12mm/F2.0(スペック)

M.ZD ED12mm/2.0は久しぶりに購入したオリンパス製のM.ZDレンズである。
最近は暗めのズームレンズばかりだったので、久しぶりの単焦点ハイスピードレンズに期待を込めて注文したのだ。

20110727a

換算24mmとなる単焦点レンズだ。
フォーサーズ/マイクロフォーサーズを含めて初めての焦点距離である。

20110727k

サイズは56x43mm、重量は僅かに130gである。
極めてコンパクトで、金属鏡胴でありながら手に持った感覚はズシリとしながらも意外と軽い。
最短撮影距離は20cm、最大撮影倍率は35mm換算で0.16倍。
フィルター径はΦ46mmである。

20110727b_2

20110727c

レンズ構成は8群11枚で、大偏肉両面非球面(DSA)レンズや超高屈折率(スーパーHR)レンズ、そしてEDレンズに非球面レンズと贅沢なレンズが使用されている。

20110727d

また、ZERO(Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティングという多層膜成膜を利用した薄膜制御技術によるコーティングが施され、ゴーストやフレアの発生を抑制するという。

20110727e

他にも駆動方式にスクリュー・ドライブ機構を採用したMSC(Movie and Still Compatible)機構が採用され、「すばやい」「なめらか」「静か」で「高精度」なAFを実現しているらしい。
実際、駆動に関しては宣伝に偽りなしという感じだ。

20110727f

このレンズで面白い機能が「スナップショットフォーカス機構」というものだ。
ピントリングを手前にスライドさせることでマニュアルフォーカスに早変わりする。
MFアシストを併用してピントリングを合わせるとわかるが、ピントリングとフォーカシングがダイレクトに連動しているのではなく、ピントを回すと僅かではあるが段階的にフォーカシングが移動しているのが見える。
これが非常に使いやすい。
被写界深度の大きい換算24mmという広角レンズだからこそ可能な機構だが、実にピントを合わせやすいのだ。
クックックッと段階的にピント位置が移動するので、ここがジャスピンだと把握しやすい。
マクロレンズにあると便利そうだが、被写界深度が狭いマクロではどうだろう。
でも付属させて欲しい。これは麻薬的だ。

20110727g

さて、このレンズにはフードが付属していない。
別売りで購入することになるのだが、ちょっといい感じのフードである。

20110727h1 20110727h2

フードはレンズの上からかぶせてから、留め具を溝に合わせてネジで固定する方式だ。
Nokton35mm/1.2でご厄介になったやり方である。
自分的には好きである。

20110727i1

また、付属のレンズキャップは14-42mm/3.5-5.6と同様に貧弱なタイプであるが故に、拘るならば別売りのレンズキャップをお勧めしたい。
作りは非常にしっかりしており、裏地のフェルト地のはめ具合としては芸術的だ。
快感としてすら感じる。

20110727i2

この辺りはさすがオリンパスと言ったところで、panaのかぶせ式キャップの作り込みとはかなり差がある。
オリンパスもpanaも拘るポイントが違うのであろうか。

20110727j

とまあ、このようにM.ZD ED12mm/2.0はオリンパスが相当気合いを入れて作ってきたレンズであることがわかる。
今後、このMSCの搭載された金属鏡胴を中心とした質感の高いレンズ群を次々発売されるとボディ内手振れ補正のついたオリンパス機を中心に考えることになるかも知れない。
いずれ発表されるであろうハイエンド機に興味が津々だ。

だが、panaも黙っていないだろう。
明るいズームレンズ群等をぶつけてくるに違いない。
是非とも切磋琢磨してマイクロフォーサーズの魅力的な製品を発表してもらいたい。
徐々にマイクロが熱くなってきている気がする。

M.ZD ED12mm/F2.0

スペック
テスト撮影
実写と感想

« Leica DG Summilux25mm/F1.4 ASPH.(スペック) | トップページ | 唐津みたび »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M.ZD ED12mm/F2.0(スペック):

« Leica DG Summilux25mm/F1.4 ASPH.(スペック) | トップページ | 唐津みたび »