無料ブログはココログ

ana

  • ana

« Windows7 始動 | トップページ | Leica Elmarit R 28mm/2.8 を(EOS1DsMk2で)使ってみる »

2011年8月23日 (火)

PC-E NIKKOR 24mm/F3.5D ED(テスト撮影)

Nikonの単焦点は粒ぞろいだ。
その中でも好きなレンズの一つに上がるのが、このPC-E NIKKOR 24mm/F3.5D EDである。

20110823a

F3.5という明るさの24mm域広角単焦点でありながら、このサイズと重さである。
しかもマニュアルで。
ティルトシフトレンズの宿命であろう。
しかし、ポジティブに考えればティルトシフトであるが故に、周辺域までしっかりとした解像度が維持されているのだ。

Pon6

さて、そんなこんなでいつものポンちゃんにテスト撮影の被写体になってもらう。

【テスト撮影】

被写体までの距離は2mに固定。
カメラボディはNikonD700、WBはAUTO、ISOは200に設定した。
各絞り値で撮影する。
下の写真は周辺域のトリミングである。

F3.5 2m
20110823b1_3 
20110823c1_2

F5.6 2m
20110823b2_2 
20110823c2_2

F8.0 2m
20110823b3_2 
20110823c3_2

予想通り周辺域までしっかりと解像されている。
解放からコントラストも十分だ。
絞り込めばより鮮鋭度が増してカリッとしてくる。まごうことなきNIKKORレンズだ。
色収差もほとんど出ていない。よくコントロールされている。
まあ、値段を考えれば当たり前といえば当たり前であるが。

【最短距離撮影】

最短撮影距離は21cmである。
F3.5の解放とF8.0とで比較撮影した。

20110823d1_2 20110823d2_2

ボケもよく考えられている感じだ。
きれいなボケが得られる。
点光源もきれいな円形で、周辺域まで余裕を持っているのがわかる。
また、最大撮影倍率が0.37倍なので、相当寄ることができる。

寄れてきれいに写せるスーパー広角レンズだ。
しかもティルトシフトのおまけつき。いや、こっちがメインか。
マニュアルレンズとはいえ、広角24mmであれば被写界深度も接写でなければアバウトでいけそうだ。
その代償として大きさと重さを受け入れねばならないが。

さて、次回は実写と感想です。

PC-E NIKKOR 24mm/F3.5D ED

スペック
テスト撮影
実写と感想

« Windows7 始動 | トップページ | Leica Elmarit R 28mm/2.8 を(EOS1DsMk2で)使ってみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PC-E NIKKOR 24mm/F3.5D ED(テスト撮影):

« Windows7 始動 | トップページ | Leica Elmarit R 28mm/2.8 を(EOS1DsMk2で)使ってみる »