無料ブログはココログ

ana

  • ana

« Leica Apo-Summicron R90mm/2.0ASPHを(EOS1DsMk2で)使ってみる | トップページ | 4度目の唐津 »

2011年8月31日 (水)

PC-E NIKKOR 24mm/F3.5D ED(実写と感想)

ティルトシフトレンズという特性上、開放F値がF3.5であってもレンズが肥大化し、それでも77mm枠フィルターに納めてきたNikonのPC-E24mm/3.5は相当いけるレンズである。

20110831a

このPC-E24mm/3.5D EDで撮影した画像は中央部から周辺まで十分に解像されており、コントラストもしっかりで、開放から全然使えるスーパーレンズである。
なおかつボケもかなりきれいである
レンズ自体の性能は相当なものであることがわかる。

20110831b
Nikon D700+Nikon PC-E NIKKOR24mm/3.5D ED

そして、なんと言ってもCanonのTS-E24mm/3.5LII同様に寄れるのがいい。
私がこのレンズを購入した理由は、アオリ撮影のできるティルトと、広角パースを押さえられるシフト撮影が可能であるためだ。

20110831c
Nikon D700+Nikon PC-E NIKKOR24mm/3.5D ED

アオリ撮影は撮るだけならば思ったよりも簡単に撮影可能だ。
ただ、よりミニチュアっぽく見せるには、もう少し場数を踏まないといけない。
問題はシフト撮影で、夕方に高層建造物を撮ったとき、三脚を用意していないとどうにもならないことに気がついた。

20110831d
Nikon D700+Nikon PC-E NIKKOR24mm/3.5D ED

これは小さい三脚では役不足で、しっかりとした中型以上の三脚を用いて水平位置をしっかり確保した
後、シフト撮影するレンズだったのだ。
私は普段の撮影にはほとんど三脚を持ち歩くことはしない。
そうすると24mmの出番は徐々に減少し、PC-E Macro45mm/2.8D EDの方を頻繁に持ち出すようになってしまった。

20110831e
Nikon D700+Nikon PC-E NIKKOR24mm/3.5D ED

いつしか防湿庫の中で留守番をすることが多くなったレンズだ。
だが、これはこのレンズが駄目レンズと言うことではない。私にとって敷居の高すぎるレンズなのだ。
安くて程度のいい中古があったら絶対に買いだ。
でもAF-S24mm/1.4G EDの方が軽いし(当レンズ比較)、寄れるし(このレンズ比較)、安いし(あのレンズ比較)、そっちの方がいいかもしれない。

20110831f
Nikon D700+Nikon PC-E NIKKOR24mm/3.5D ED

私の結論はこうだ。
趣味で使うにはティルトシフトレンズは1本あれば十分で、なるべく汎用に使えるレンズを選ぶべきという事だった。
それはPC-E Macro45mm/2.8D EDであって、24mm/3.5D EDではない。

そんな悲運のPC-E24mm/3.5D EDは、私にとって遊びで購入するにはちょっと高すぎたプロフェッショナルレンズであったのだ。



PC-E NIKKOR24mm/3.5D ED

スペック
テスト撮影
実写と感想

« Leica Apo-Summicron R90mm/2.0ASPHを(EOS1DsMk2で)使ってみる | トップページ | 4度目の唐津 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PC-E NIKKOR 24mm/F3.5D ED(実写と感想):

« Leica Apo-Summicron R90mm/2.0ASPHを(EOS1DsMk2で)使ってみる | トップページ | 4度目の唐津 »