無料ブログはココログ

ana

  • ana

« クリスマスの話 | トップページ | ムーミン »

2011年12月26日 (月)

冬の唐津

寒い。
なんと言っても「寒い」の一言だ。
九州だからと言って、薄着で行くと大変なことになる。
玄界灘に面しているせいか、東京よりも寒く感じてしまうのだ。

20111226d
Panasonic GX1+Lumix G20mm/1.7ASPH.

先日の22日、23日と佐賀県唐津に行ってきた。
乗り継ぎの間も猛烈に寒い。
経験上、長距離で少しでも早く着きたいときの旅は、しばらくしてから来る直行よりも、今から出る乗り継ぎでちょっとでも先に行くべしと言う自分のルールがあったのであるが、冬の寒い時期は考え直さねばならないようだ。

20111226a
Canon EOS5D mark2+EF24mm/1.4L USM

平日だったせいか駅に人通りは少ない。
しかも数少ない楽しみである曳山メロンパンの店舗がなくなってしまっていた。
結構これにはキタ。
宿で食べる夜食の楽しみが消えた。

20111226j
Canon EOS5D mark2+EF24mm/1.4L USM

お宿はいつもの水野旅館である。
本当にここは親切だ。
親切にされすぎて申し訳なく思ってしまう。

20111226c
Canon EOS5D mark2+EF24mm/1.4L USM

今回は一眼にEOS5D2とミラーレスのGX1を持って行った。
EOSには24mm/1.4と50mm/1.2と100mm/2.8マクロだ。
GX1には20mm/1.7のみ付けていった。
本来は逆であるのだが、5D2はまだおろしたてなのでモチベーションの高いうちにシステム一式持ち出した。

20111226e_2
Panasonic GX1+Lumix G20mm/1.7ASPH.

食事は相も変わらず美味しい。
しかも今回もキジハタの活き作りを出してくれた。
今回は一人一皿なので私も食べられた。

20111226f 20111226g_2
20111226h 20111226i
Panasonic GX1+Lumix G20mm/1.7ASPH.

ここの料理は本当に美味しい。
玄界灘で取れたての海の幸を堪能できる。

20111226m
Canon EOS5D mark2+EF50mm/1.2L USM

翌日の朝に子供にせがまれて裏の砂浜に出た。
やはり外は寒い。
子供は寒さなど気にすることなく砂浜を駆けていく。

20111226k 20111226l_2
Canon EOS5D mark2+EF Macro100mm/2.8L IS USM

よりによってスエードの靴を履いてきてしまった。
ラドラートレイルキャンパーを持ってくる手もあったのだが、如何せん生地が薄すぎるので自宅に置いてきたのだ。失敗した。
まあ、靴は半ば諦めて子供の後を走って追いかけた。

20111226b
Canon EOS5D mark2+EF24mm/1.4L USM

時間が来たので子供達を連れて宿を経った。
いつもここに来るときは用事があって訪れる。
たまにはゆっくりとプライベートで来てみたい町である。

20111226n
Canon EOS5D mark2+EF50mm/1.2L USM

その時は街中を数時間かけて歩いてみたい。
時間を気にすることなく、自分のペースでゆっくりと回りたいのだ。
唐津はそんな気分にさせてくれる街でもあるのだ。

« クリスマスの話 | トップページ | ムーミン »

コメント

おかえりなさいませ。

佐賀県へはまだ行ったことがありませんが、やはりなんとなく暖かいというイメージで、薄着で行ってしまいそうです。
ゆっくり見て回りたいという街並み、ぜひ行ってみたいです。

九州と聞くと温暖なイメージを持ちますが、冬はそれなりに寒いようです。
佐賀県にはスキー場もあるようですし。

唐津のいいところは街がきれいなことです。
最初の印象は清潔感のある町だなあという感じでしたね。
規模は小さいですが城下町の名残が残っていたり、地名などでここに何があったのかが分かって面白いですね。

コンパクトな町並みに故に、地図を片手にじっくり回ってみたいといつも思ってしまいます。

唐津はとってもいい所ですよ。唐津で生まれて 小学校まで住んでいました。
唐津は穏やかな美しいところですが、 特に私が好きなのは、唐津城付近のお城の石垣や松林が残っている静かな小路です。
確か、 水野旅館もその近くにあったような…
水野旅館の前の砂浜は 昔は もっと幅広く 白い砂浜が遠くまでつながっていて綺麗でしたよ。よく海水浴を楽しんでいましたが、今はどうなんでしょうね。             白い砂浜も潮流の関係で 浸食されてしまったようで とても残念です。
勇壮な唐津くんちの「曳きやま」も必見ですよ。
「くんち」の3日間は観光客でどこもイッパイですが

子供の頃をあのような自然のたくさんあるところで育ったのが羨ましいですね。

仰るとおり水野旅館は唐津城近くにあります。
非常に大好きな旅館で、リピーターとして何回も宿泊させていただいております。

旅館前の砂浜は、防波堤で囲まれているせいか波が穏やかで、安心して波打ち際まで寄る事が出来ました。
ただ夏のある日、子供が砂浜でおもちゃを流されてしまい、泣きながら取ってきてくれと言うので仕方なく下着一枚で海に入ったら、遠浅でなく結構深いのに驚きました。足がつかなかったです。

私は唐津くんちはまだ見た事がないのですが、是非見てみたいと思っています。
凄い人気だそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の唐津:

« クリスマスの話 | トップページ | ムーミン »