無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 夜のお寺とGX1 | トップページ | Canon EOS 5D Mark2 始動開始 »

2011年12月 5日 (月)

出会いは突然に

20111205a_2

来年の「金環食」を撮り終えたらキヤノンのEOS7Dは手放す予定である。
EFマウントのAPS-C専用レンズは放出するとして、問題はフルサイズ対応EFレンズをどうするかと言う事だった。
つまり、このままキヤノンマウントを続けるのかどうかだ。

20111205b

来年発売になる高感度性能がずば抜けて高いが、でかくて重いEOS1DXの実写を見てからゆっくり考えるつもりだった。
またはEOS5D3の噂が出る頃に5D2を安値で買おうかとも....。
いやいや、最初の予定通りマイクロ4/3とLeica S2でまったりやっていこうか等と色々考えてはいたのだった。

20111205c

だが、そいつは突然にやってきた。
いつものカメラ屋さんで新古品のEOS5DMk2がかなりお安く販売されているのを見つけてしまったのだ。
今はLeica S2の35mmか30mmを購入するためにレンズ貯金をしているまっ最中であるのだが、新古品としてはかなりお買い得なお値段で魅力的さがヤバイ。
とりあえず1日頭を冷やして様子を見ることにした。
翌日もう一度確認すると、まだ買い取り手は付かずに残っている。
これもご縁と購入に踏み切った。

20111205g

すでに発売後3年ほどたつこのロングセラーな5D2は様々なレビューがあちこちのサイトで語り尽くされている。
いまから私が書くまでもないだろう。高感度性能もしかりである。

20111205e

高感度に関しては、NikonのD700が私のコントロールになっている。
それに匹敵するレベルであれば御の字である。
このあたりは色々調べて極めて差があるわけではないことを確認している。

20111205d

この5D2は単焦点のみで使っていくつもりだ。
今あるレンズの35mm/1.4と50mm/1.2、そして100mm/2.8マクロは残しておく。
あと、広角のレンズが欲しい。
出来ればLeica S2で予定しているレンズレパートリーと合わせておきたい。
超広角はマイクロに任せるので、パースの付きにくい28mmぐらいがいいだろう。
実はもう決めてある。以前D700で愛用していた28mmがあるのだ。

20111205h

Carl Zeiss Distagon28mm/2.0ZEである。
マニュアルレンズだが、広角ならばピント合わせにも苦労することは少ないだろう。
前はZFを使っていたがデザインが大幅に変わっている。
購入時に一緒に注文しておいた。

20111205f_2

本当は来年の金環食撮影後に行動を移すつもりだったのだがタイミングは難しい。
Leica S2レンズ貯金はもう一度仕切り直しだ。

だが縁というものは非常に大事だ。
私は色々な事にもずっとこうしてきたし、これからもそれを続けていくつもりなのだ。

« 夜のお寺とGX1 | トップページ | Canon EOS 5D Mark2 始動開始 »

コメント

あらら、5D2とご縁ですか、おめでとうございます。
次のご縁は、5D3の画素数しだいで、5D3でしょうか。
でも、フラグシップの1DXも見過ごせませんよ。

私は、KissDNとEFS18-55ISセットの中古とご縁がありました。
第一印象は、普通に撮るなら、AFも早いし十分な性能でした。
目的は、撮影ではなく、EFマウントのお勉強用です。

こんばんは。
懲りもせずにまた購入してしまいました。

5D3は....、多分行かないとは思いますが、実際にその時になってみないと分かりませんよね(^^;

個人的な考えですが、画素数は2000万前後あればもう十分なのではないかと思っています。
それ以上画素を増やしても手振れが目立ち始めてしまうので、しばらくは5D2で落ち着こうかと。

1DXは....、大きくて重い以外は画素数も高感度も文句ないレベルなので、見てしまうと欲しくなってしまうでしょう。
なるべく見ない振りをしたいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出会いは突然に:

« 夜のお寺とGX1 | トップページ | Canon EOS 5D Mark2 始動開始 »