無料ブログはココログ

ana

  • ana

« あなたの後にSD1が・・・・ | トップページ | 金環日食な日々 6/秘密兵器 »

2012年2月12日 (日)

ときどき鳥撮り

せっかく日食のために望遠を用意してあるので鳥を撮影してみた。
何処を探しても様になる鳥がいないため、実家のモッコクを寝床にしている多数の雀さん達に被写体になってもらった。

20120212a
Canon EOS7D+EF300mm/4.0L IS USM+Extender1.4xIII

三脚を出すまでもないと思っていた。。
EOS7Dに300mm/4.0L IS USMとテレコン1.4xをくっつけただけの換算600mmオーバーのレンズである。
貧弱ではあるが手振れ補正が付いているのでなんとかなると思ったら甘かった。

20120212b
Canon EOS7D+EF300mm/4.0L IS USM+Extender1.4xIII

ほぼ見上げる状態で撮影するために腕が重くなる。
休み休み撮影していたが、完全に治癒していない四十肩痛がぶり返しそうだ。
とてもじゃないが10分ほどで引き上げた。

20120212c
Canon EOS7D+EF300mm/4.0L IS USM+Extender1.4xIII

テレコンを使うと思ったより画質は落ちるようだ。
夕方のせいもあるかも知れないが、300mm/4.0にあった抜けの良さが見られない。
それにテレコンをかましてあるのでAFも微妙に遅い。

20120212d 目つきが野生ですね
Canon EOS7D+EF300mm/4.0L IS USM+Extender1.4xIII

鳥は難しい。
基本連写で行かないとうまくいかないようだ。
自分の撮影スタイルとはかなり違う感じがする。
鳥にのめり込む前に退散した方が良さそうである。

« あなたの後にSD1が・・・・ | トップページ | 金環日食な日々 6/秘密兵器 »

コメント

キヤノンのサンヨンは比較的寄れますし、良いレンズですよね。
私も鳥用に使っていました。エクステンダーを使用する場合は尚更ISの弱さが露呈します(爆)。高ISOでSSを稼ぐ必要がありますね。
おっしゃるとおり、この世界にのめり込むと大変ですが可愛い鳥ですので、周囲からのウケは良いですよ。
これから梅の季節ですが、梅&メジロなど撮ってみては如何ですか?

いいですねえ、梅にメジロ。
ただメジロは相当小さいですからかなり寄らないといけませんね。

鳥屋さん達はメジロに何mmくらいの望遠を使うんでしょうか。
それとも逃げられぬようにジリジリと近寄って撮影するんでしょうか。

先日の雀でも近づいたらバーッと逃げられてしまいました。
鳥撮影は機材を揃えるだけでなく、攻めと待ちの両方を極めねばいけないのかも知れませんね。

私の場合は散策ついでに鳥撮りというスタイルで、なんちゃって鳥撮りには300mmで十分でした。
ルリビタキ・カワセミ・シジュウカラ・メジロ・エナガ・ヤマガラ・・・。
どれも、都市公園などに多く見られる鳥で、近くに寄ってきてくれます。特に梅の季節でのメジロは警戒心が薄く、2メートル程度まで寄って来てくれます。それと見つけるには少しコツ(というか探し方)が必要でした。耳をすましてみると見つけやすいですね。

なるほど。
鳥たちが愛されている場所なら、警戒心も少ないというわけですね。
これはいいことを教えて下さいました。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ときどき鳥撮り:

« あなたの後にSD1が・・・・ | トップページ | 金環日食な日々 6/秘密兵器 »