無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 彼岸と5D3 | トップページ | レベリングベース(マンフロット338) »

2012年3月28日 (水)

キヤノンのミラーレスが夏に発表?

いつものデジカメinfoさんの記事であるが、キヤノンが9月のフォトキナ前にミラーレスの発表をするのではないかという噂があった。

キヤノンがミラーレス機を夏に、エントリーフルサイズ機を秋に発表?
デジカメinfo

キヤノンは、メジャー級としてはミラーレスを発表してない最後のカメラメーカーである。
気になるのは、そのミラーレスに搭載されるであろうセンサーサイズだ。
いったいどの程度のセンサーが積まれるのだろうか。

今のところ、ミラーレスのセンサーサイズはペンタックスQの1/2.3型からソニーNEXのAPS-Cサイズまで多岐にわたっている。
当然キヤノンもこの間のいずれかになると思われる。

20120328b2_3 20120328b3_2 20120328b4

さらにキヤノンほどの企業ならば、既存のマウントに参入することは皆無に等しく、独自のマウントを用いるはずだ。
キヤノンが意識しているのは、APS-Cサイズやマイクロフォーサーズサイズ、さらなる小型センサーなどであろう。

20120328c1_2 20120328c2

ミラーレスはシステムをコンパクトに出来る事との意味合いが非常に大きい。
特に問題になるのがレンズの大きさだ。
ソニーNEXはボディこそ驚愕の小型サイズに作り上げ、私の購入意欲を猛烈に刺激させたが、如何せんレンズサイズがネックとなって購入を躊躇させた程である。
その点、マイクロやNikon1はセンサーの小ささ故に、上手にレンズとボディのサイズバランスをまとめてきている。

20120328d_2

キヤノンにはEF-SレンズというAPS-Cであるが特化したやや小ぶりなレンズ資産がある。
これらを利用してくる可能性はあるだろうか。
個人的にはアダプターを介するような形での利用はあれど、ミラーレスにAPS-Cセンサーを搭載してくる可能性は低いとみている。

いくら何でも、EF-Sユーザーに踏み絵をさせるようなことは無いだろう。
FDマウントの前科があるが、まさか2回はやらないと思う。(^^;
つまり、キヤノンのDSLRはAPS-Hを廃止し、フルサイズとAPS-Cを残す。
そしてミラーレスにAPS-C以下のセンサーを導入してくるのではないかと言うことだ。

20120328a_2

キヤノンが気になるコンデジを本年3月に発売した。
PowerShot G1X。(DMC-GX1ではない)
これはセンサーサイズが18.7x14mmほどあり、マイクロより若干大きいものだ。
マルチアスペクトセンサーが搭載されているパナソニックのGHシリーズとほぼ同じサイズである。

20120329f

私はこのセンサーをマルチアスペクト使用でマイクロと近いセンサーサイズとして使ってくる気がする。
35mm換算するときはマイクロと同じ2倍で使ってくるのだ。

20120329g1_2 20120329g2

レンズの焦点距離換算は非常に面倒だ。
APS-Cで1.5倍や1.6倍。Nikon1などは2.7倍換算となる。
その点、2倍換算ならばパッと見で理解できる。

20120329h

昔、ビデオテープでVHSとβがあった。
友人はβを所持していたが、私はVHSを購入しようと考えていた。
理由は録画時間の表記がVHSではそのまま理解しやすい時分で印字されていたからだ。
対してβの録画時間はテープのフィート数で印字されている。
友人はβの方が記録方式として優れていたことを強く斡旋し購入を勧めていたが、フィート計算が面倒なのでβをすすめる友人を振り切ってVHSを購入したことがあった。
結果はその後VHSが市場を圧巻した。

20120329i

ビデオデッキとカメラを同系列で比較するとはフェアではないが、レンズの焦点距離を理解する上で2倍換算というのは直感的にシンプルで分かりやすい。

ところで、もしキヤノンミラーレスマウントが、センサーをマイクロに近いサイズで攻めてきたときは、マイクロよりも大きなマウント口径を持ってきそうな感じがする。
そうして、アダプターを介してマイクロの美味しいレンズを総取りなんてことに・・・・。

20120329k

こうしてキヤノンにはフルサイズのDSLR、1.6倍換算APS-CのDSLR、そして2倍換算のミラーレスが・・・・、なんてことになるのでしょうか?
そしたら買ってしまいそうだ。またマウントが増えてしまう。
差し詰め、マウント名はEFマウントならぬ、EDマウントなんてのになるのですかね?EMマウントはすでにありますしね。
それともEF-DとかEF-Mなんてのもあり得るかも知れない。
まあ、「出たら」の話ですけどね。

« 彼岸と5D3 | トップページ | レベリングベース(マンフロット338) »

コメント

こんばんわ。
ちぇりさんの記事は、綺麗に話をまとめてあってとても読みやすいですね。
とても勉強になります。

ミラーレス機を出してないのはキヤノンだけになりましたね。
新型センサーを使ったG1Xはミラーレスのための予行演習のような気もします。となると、、やっぱり新しくマウントが増えるでしょうかね?
個人的にはペンタのK-01のように既存のレンズを併用できると嬉しいんです。まぁ、その辺はキヤノンも頭抱えてるでしょう。

今年の夏は熱くなりそうですね!
あっ、私事ですが、フィルムカメラのEOS-1N DP買いました。
縦位置グリップだ!と思ってたらただのバッテリグリップというオチでしたよ。(トホホ)でも、シャッター音にキレがあっていいカメラですよ!

お褒めいただき、ありがとうございます。素直に嬉しいです。
たしかに、ペンタックスのK-01は上手い方法をとりましたね。

もし、キヤノンがミラーレスに2倍換算のセンサーを持ってきてしまうと、EF-Sはフルサイズとミラーレスに挟まれて、いずれは廃れてしまうセンサーサイズになってしまうかも知れません。

なので、EF-Sユーザーをサルベージするためにも、K-01方法も考えられますね。
ただ、キヤノンもレンズを含めた小型化出来るシステムを画策していると思いますので、小型センサーのレンズ交換式カメラの登場は十分あり得そうです。

キヤノンのEOS-1シリーズのシャッター音いいですよね!
私は1Vを使っていましたが、あのシャッター音に心底惚れ込んでいました。
未だに大好きなシャッター音No.1です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンのミラーレスが夏に発表?:

« 彼岸と5D3 | トップページ | レベリングベース(マンフロット338) »