無料ブログはココログ

ana

  • ana

« ヤマト復活編 ディレクターズカット版 | トップページ | 骨休み »

2012年4月15日 (日)

OM-Dで月撮影

昨日は一日雨であった。

20120415e
Olympus OM-D+Voightlander Nokton25mm/0.95

冷たい雨にどんよりとした雲。
気分転換に今日は月の写真でも出そうと思う。

先日、愛用のRAW現像ソフト「シルキーピックス」がOM-Dに対応された。
早速ダウンロードしてソフトを更新する。

理由は前回OM-Dで月撮影したときの画像があまりにも酷かったので、その理由を検証するためだ。
当日は、あの春嵐の日だ。OM-Dの背面液晶で月を拡大すると上空は強風が吹き荒れているのか、月面が揺らいで見えた。

20120415d1

20120415a2

ピントを丁寧に合わせた写真は全てベッタリした感じで、GH2で撮影した月にとても適わぬレベルの画質だったのだ。
月のエッジ部分の揺らぎから、おそらく強風によることが原因と思われるが、もしこれがOM-Dの実力ならば卒倒ものである。
早速、強風が吹き止んだ翌日に再撮影した。

20120415d2

20120415b2

おお、JPEGでも綺麗にクレーターが写っている。
このレベルならば、GH2の代用として問題なく使える。
GH2の買い戻しという最悪の事態は免れたようだ。

20120415c
Olympus OM-D+EF300mm/4.0L IS USM+Extender 1.4xIII

RAW現像も大丈夫だ。
あとは金環日食の5月21日が晴れることを祈るだけである。

あ、インターバル撮影の方もなんとかしないと。

« ヤマト復活編 ディレクターズカット版 | トップページ | 骨休み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OM-Dで月撮影:

« ヤマト復活編 ディレクターズカット版 | トップページ | 骨休み »