無料ブログはココログ

ana

  • ana

« EF400mm/5.6 VS EF300mm/4.0+Extender1.4x | トップページ | パナソニックなワイドコンバーター(DMW-GWC1) »

2012年5月17日 (木)

1476

何のことかというと、太陽の黒点ナンバーである。
今月の初旬に見つかったこの黒点は、地球の10倍ほどもある超巨大なものだった。
活動が活発になると太陽フレアが発生して、電磁波による電波障害が発生することがあるのだ。
この1476も、でかいのが来るぞといわれていた割には何事もなく、こけおどしの如く今終わりを迎えようとしている。

20120517c

なので美味しい被写体のため準備を始めていたのだが、天候や仕事の都合でタイミング悪く撮影が出来ない。
そろそろ黒点も見えなくなってしまうし、どうでもいいやと思っていた本日、天気もよく昼休みに時間が出来たので慌てて機材を外に運び出したのだ。

20120517b

400mmとテレコンを使用し、オリンパスのOM-Dを取り付けた換算1000mmオーバーの超望遠レンズである。
金環食の練習にもなると、手早く準備して撮影を開始した。

20120517a
Olympus OM-D(E-M5)+EF400mm/5.6L USM+Extender 1.4xIII

ん?
黒点はいくつかあるが、巨大黒点が見当たらない。
すでに反対側に行ってしまったのかとも考えたが、太陽の自転は25日周期のために、まだギリギリ見えるはずなのだ。
徐々に小さくなっているらしいから、ぱっと見で分からなくなっているのだろうか。

20120517d_2 トリミング
Olympus OM-D(E-M5)+EF400mm/5.6L USM+Extender 1.4xIII

この写真は右上が北側になるので、右下の最西端に見られる白斑を伴うコイツだろうか?
位置からすると一番疑われるのだが、なんかえらくしょぼくなっている。
普通の黒点とさほど変わらないではないか。または半分隠れているとか。
まあ、断定が出来ないので、1476「かも」しれないということで。

EF400mm/5.6L USMはピントも合わせやすく、マイクロボディを用いた金環食にはもってこいなレンズのようだ。
本番は、このレンズでいきましょう。

« EF400mm/5.6 VS EF300mm/4.0+Extender1.4x | トップページ | パナソニックなワイドコンバーター(DMW-GWC1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1476:

« EF400mm/5.6 VS EF300mm/4.0+Extender1.4x | トップページ | パナソニックなワイドコンバーター(DMW-GWC1) »