無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 初蝉2012 | トップページ | Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm/F2.0 ZEがやってきた »

2012年7月24日 (火)

最後のミラーレス EOS M発表 あなたは買いますか?

とうとうキヤノンミラーレスであるEOS Mが発表された。
センサーには噂通りKiss 6Xiと同じAPS-Cセンサーが搭載されている。

キヤノンがEOS MとEF-M 22mm F2 STM、EF-M18-55mm F3.5-5.6 STM ISを正式発表
デジカメinfo

その他の細かいスペックはデジカメinfoさんに任せるとして、気になることを書いていこうと思う。

20120724a

さて、カメラ企業の雄であるキヤノンがついにミラーレスカメラを発表したインパクトは大きい。
マスメディアの取り上げ方もかなり積極的である。
コンデジから移行する新規のユーザーがある程度増えることはまず間違いないだろう。

20120724d

自分はミラーレスの実用性で人気なのはフォーサーズサイズのセンサーだとばかり思っていたが、掲示板などで見るとあまりにもAPS-Cサイズ以上のセンサーを期待している人が多くて驚かされたのだ。
そのために今回のEOS M発表に伴い、レンズ交換式カメラを持っているユーザーが、どの程度キヤノンミラーレスに移行するのか気になるのだ。

20120724e

私はミラーレスを選ぶ人は、いくつかのグループに分かれるのだと思う。
一つは「センサーの大きい機種を選ぶ人
次に「システムの小型化に注力する人
そして「メーカーやデザイン(機能)に拘る人
最後に「これらの平均的なバランスを選ぶ人

因みに私は最後のパターンだと思う。
小型化は重視しているが、ペンタのQシステムは選ばない。
それなりにボケも重視しているからだ。
中庸という言葉がよく似合うのがマイクロフォーサーズであろう。
対し、DSLRに負けぬ程に画質に特化しているのがAPS-Cミラーレスだ。

20120724f

ミラーレスの自分の位置づけを考えると、自ずと欲しい機種が絞られてくる。

とまあ、色々書いたのであるが、おそらくキヤノンミラーレスであるEOS Mはシェアはかなり取るだろう。
上で云々書いたが、私も22mm/2.0セットとマウントアダプターを予約してしまった。
キヤノンミラーレスの実力を是非とも知りたかったからだ。
まあ、メインは天体用の超望遠レンズのボディとして使うのだが、期待していたバリアングルが付いていなかったので、その辺は後継機に期待しましょうか。

私にとって初めてのAPS-Cミラーレス。
専用レンズはまずこれ以上買い足すことはないと思うが、ちょっと撮影が楽しみである。

« 初蝉2012 | トップページ | Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm/F2.0 ZEがやってきた »

コメント

「センサーの大きい機種を選ぶ人」です。
EOS MよりDP2 Mを買わねば。

>EOS MよりDP2 Mを買わねば

その差にこだわりますか。
私にもそのこだわりがあれば、また違った人生を歩んでいたかも知れません(遠い目)

こんばんわ。
もう予約されたんですね。
自分も手を出すかどうか迷ってます。

デザインや機能で色々言われていますが、デザイン的な持ちやすさ、扱いやすさは比較的高いレベルでまとまっているような気がしますね。AFのスピードについてもさんざん言われてますが、ミラーレスで動体を撮るなんてことは基本的にないですし問題ないと思いますね。動画のレベルがかなり高いこととEFレンズ群が使えるのが最大のメリットだと思います。どう考えても買いなのですが、フォトキナ以降に発表されそうなハイエンドモデルも気になります・・ね。

にしても、EF40mmってミラーレスのために発売されたんじゃなかったんですね・・。一体なんのために生まれてきたのか不思議です(笑)

とにもかくにも、発売後のレビュー楽しみに待ってます☆

私は、無精なのに面倒な物が好きなだけで、深く考えておりません。( ^ω^ )

>ゆきひろさん

個人的にはEOS Mはメインで使うことはないと思いますが、一応しばらく望遠専用ボディとして使っていこうと思います。
2倍テレコンまで用意してしまいました。

多分、40mmは格安で手に入れられるEOS M「にも」使える撒き餌レンズなのでしょうね。
あわよくばDSLRにも引き込めるかもなんていう・・・・。

まあ、キヤノンには純正パンケーキがなかったので、このレンズの存在意義は十分あるのかもしれません。

>ankoさん

FOVEONいいですよ~。
「元」SD1ユーザーの感想ですが。

ただ純正現像ソフトが○○なので、非常に我慢強さというか忍耐力が身につきます。
それだけでなく、TIFFに変換して他社ソフトで切り抜けるという応用力も付きます。

デジカメを買っただけなのに人間性まで高められるという、およそデジカメらしくないデジカメなのではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のミラーレス EOS M発表 あなたは買いますか?:

« 初蝉2012 | トップページ | Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm/F2.0 ZEがやってきた »