無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 最終日 | トップページ | Blue Moon »

2012年8月31日 (金)

TVC-33S Versa Series 3 を実際に稼働させてみる

RRS製の三脚のことである。
8月半ばにようやく届いた。

20120831a

前回のように色々アクセサリを取り付けて、星景撮影用に特化させたものだ。
これで星や月などを簡便に撮れるようになるだろう。
仕舞寸法は59cm弱。
このまま三脚を広げるとこのような感じになる。

20120831b

脚は3段あり、全伸ばしで全高127cm弱となる。
これにレベリングベースや赤道儀を載せるとそれなりの高さになる。
膝を少し曲げて撮影することになるだろう。
エレベーターがない分、剛性は十分と思われる。
継ぎ目ロック部の仕上げはGITZOに似ており、強く締め上げなくても普通に行えば完全に固定される。

20120831c

脚先端部は、ステンレス製のロッククローに取り替えた。
GITZOの三脚と互換があるらしい。

20120831d

早速3/8インチの太ネジにレベリングベースを取り付ける。
部品はある程度組み立てられた状態で装着していくのが良いだろう。

20120831e

これに赤道儀であるTOAST-Proを載せる。
お値段がそれなりにするので、外で装着するときちょっと緊張する。

20120831f

TOAST-Proにパンクランプの付いたテーブルをねじ固定して土台部は完成となる。
あとはこれに自由雲台をのせたり、オムニピボットをつければ良い。
ちょっとオムニピボットをつけてみよう。

20120831g

ふーむ、かなり派手なシステムのようだ。
車のない私にとっては、この重量を運ぶのがちょっと厄介だ。

20120831h

ただ、剛性感は十分であろう。
カメラを取り付けて触れてもガッチリしている。
傍で足を踏みならしても、レンズは震動している気配はなさそうである。

まあ、こんなところですかね。
問題は運ぶバッグだ。
実用面からいってもキャリーバッグがよろしかろう。

となると、思い当たるバッグがあるのであるが....。

« 最終日 | トップページ | Blue Moon »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TVC-33S Versa Series 3 を実際に稼働させてみる:

« 最終日 | トップページ | Blue Moon »