無料ブログはココログ

ana

  • ana

« GH3 前夜祭 | トップページ | モンベル福袋2013 の抽選結果 »

2012年12月14日 (金)

GH3 がやってきた

GH3の発売日である13日に、いつものカメラ屋さんに行って来た。
さすがに師走なのか、店内も忙しそうである。
そんな中、GH3といくつかのアクセサリや中古レンズなどを購入して帰ってきた。

20121214a

店員さんが走り回って忙しそうにしているのにもかかわらず、丁寧に液晶保護フィルムまで貼ってくれるという。
忙しいのにさらに忙しくさせて申し訳ない。出禁にならないかな?
でもみんなうまいですね。練習しているのだろうか。

20121214b

さて、本日発売になったのはボディ単体ではなく、レンズキットだけである。
付属のレンズはその場で手放したので、GH3関連は本体とバッテリーと縦グリップなどを購入した。

最初に触れた感じとしては「でかい」の一言である。
APS-Cクラスではないだろうか。
早速唯一持っているAPS-CデジカメEOS60Daで比較してみた。

20121214c

全高こそGH3の方が小さいが、あまり横サイズには違いがないのがわかる。
だがミラーレスだけあって、GH3は奥行きが短い。

20121214c2

また、同じマイクロのOM-Dと比べてみる。
GH3の方が大柄で迫力がある。

しかし巨大すぎると言うことはない。
グリップを握ると分かるが、よく考えられたと思われるグリップには程よいホールド感があり安定感に対してはGH2以上のものがあることは間違いない。

20121214d

外見の印象は、内蔵フラッシュが妙にせり出していることに違和感を感じた。
まるでつっぱり君のリーゼントの如く飛び出している。
ある意味、マイクロ番長でもあるわけだから理には叶っているのだが・・・・。

20121214e

でも、逆さまにするとちゃんと倒立できるのでそれなりには役立つようだ。
しかし、このようなシチュエーションはあまり(殆ど)ないと思われる。
次、行きましょう。

【正面部】

20121214f

まずはセンサー部から始めましょうか。
ボディキャップを開けると内部に意外とすっきりした空間の奥にセンサーが見られる。
GH3のセンサーはフォーサーズサイズの1610万画素だ。
ISOは12800まで、拡張で25600まで拡大できる。

20121214g

なんとシンクロターミナルがついている。
モノブロック撮影などを行うときに使うものだ。
コレがついている機種を最後に触ったのは、ペンタックスのK-7だったかな?
プロユースでもどうぞ、というパナの意思表示なのか。

【軍艦部】

20121214h

電源部はいつものGHシリーズと同じ、モードダイヤルの基部にレバーとして存在している。
OM-Dよりも非常に使いやすく、個人的には一押しである。

今回、露出とISO、そしてホワイトバランスが独立したボタンとして示指から操作できるようになった。
今後の使用感において、どの程度まで使いやすくなっているか楽しみである。
でもホワイトバランスって頻繁に切り換えるものだろうか。
素人にはよく分からない世界である。

20121214i

カメラシューの部分だ。
なんとシューキャップにロックが取り付けられた。

いいですね。
いつの間にかなくなってしまうことの多いアイテムなので、コストダウンだけを考えるのではなく、こういう目立たないところにこだわりを入れるスタンスには共感します。

20121214i3

裏を見たら金属パーツを使っていた。
スバラシイ・・・・。

20121214j

さて、反対側のダイヤルはシングルか連写かを切り換えるものだ。
ブラケット撮影やタイマーもついている。
いずれにしても程よい固さのダイヤルなので仕舞っている間にクルクル回ってしまうことはない。

【背面部】

20121214k

バリアングルの3inch液晶がついている。
これは天体撮影の時にえらく重宝する。

コンデジ持ちで、このバリアングルを扱うにはちょっとしたコツが必要なのだが、自在に扱えるようになると鬼神の如く威力を発揮する。
特にタッチシャッターとの組合せは最強で、私はこのためだけにGH3を待っていたと言っても過言ではない。

20121214l

噂のEVFである。
此奴の不足のためにGH3単体販売が延期になったという。
どこまで本当なのかは分からないが、できることならレンズキットの先行販売という流れはこのままやめて欲しい。

20121214l1

このEVFは妙に後ろに飛び出している。
まだ、バッテリー充電中で実際には覗いていないのだが、なにが特殊な仕掛けでもあるのだろうか。
まあ、これだけ離れていると背面液晶に顔のファンデーションや皮脂などがつきにくいので、女性陣たちの受けはいいかもしれない。

EVFタイプのミラーレスで、唯一の女性向きミラーレスとして宣伝してみたらどうですかね。>パナさん。

20121214m3

背面部のユーザーインターフェースである。
最近はどこのメーカーも似たり寄ったりなので、ある程度はこの形が完成形なのかもしれない。

結婚式も同じで、オリジナリティーをと他と違えた変わったことをやろうとすると失敗することが殆どだ。
ただ、ごく稀にうまくいった例もあるので何とも言えない。
このような例は確率から言うと極めて低いので、パナのこの不偏なインターフェースはある意味、成功例であると位置づけたい。

ファンクションキーが5つも設定できるのが嬉しい。
配置が他社と似ていることも味方して、自分の愛用インターフェースに近づけることが可能なのだ。

【側面部】

20121214n

側面には重要なメモリカードホルダーがついている。
底面のバッテリー部に一緒にしないのが、このGHシリーズのいいところである。
まあ、縦位置グリップを付ける以上、ここに作らねば意味がない。

上にケーブルレリーズの差し込み口のカバーが見える。
反対側から独立して作ってくれたのはありがたい。

反対側のコネクターはUSB関連が多いので割愛する。

【底面部】

20121214o

三脚穴は、レンズの軸線に配置されているので非常にグートだ。
ミラーレスは小型故にずれで製作されることがあるので残念なのだ。

私の場合、RRSのカメラバーで超望遠レンズとシステムを組みために、レンズ軸線に三脚穴がないとカメラプレートがうまく取り付けられないのだ。
大きい汎用プレートで代用するとバッテリーやメモリカードの交換ができなくなってしまう。

20121214p

バッテリー挿入口である。
今度はレンズ側に向かって蓋が開くのだ。
ちょっと違和感を感じる。が、交換時のことを考えるとスムースにできそうだ。

20121214q1

バッテリーは大型で、一見したところキヤノンの5D3と変わらないのではないかと錯覚する。
なので並べてみた。

20121214q2

・・・・。
殆ど同じである。

20121214q3

が、裏を見ると電極部の形状が異なるので、間違えて入れてショートすることはないであろう。
いや、本当に入ってしまうのか?

いきなりショートして新品のGH3が壊れる人柱は御免なので、チャージャーの方に差し込んでみる。
どうやら、GH3の方がかまぼこ形の底面部面積が大きいようで、微妙には入らなかった。

5D3よりも僅かに大きいバッテリーを使うGH3(本当はほぼ同じ)。
どれだけ写真が撮れるのか楽しみである。

20121214q4

一応比較にGH2のバッテリーを並べてみた。
サイズに一回り以上の差がある。

GH3は大食らいのミラーレスなのだろうか。
しばらく使い込んでみよう。

« GH3 前夜祭 | トップページ | モンベル福袋2013 の抽選結果 »

コメント

いつもブログ読んでおります、まさむねと申します。
マイクロフォーサーズユーザーですのでGH3のレポート楽しみにしてました。60Daと比べてもあまり大きさが変わらないとは…
ボディの発売まで待てないので電器屋さんで触って来ようと思います笑

お返事が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

GH3はかなりいいですよ。
ボディ内手ぶれ補正はありませんが、それを上回る魅力をもっています。
ぜひ触れてみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GH3 がやってきた:

« GH3 前夜祭 | トップページ | モンベル福袋2013 の抽選結果 »