無料ブログはココログ

ana

  • ana

« ストレッチキャット カレンダー | トップページ | 自分的デジカメ録2012 »

2012年12月29日 (土)

月と木星

例の高速照準器搭載の新型雲台を用いて、早速本来の対象である月を狙って撮影を敢行した。

20121229d

外はえらい寒さだ。
星の瞬き具合から見ても、上空には相当な風が吹いていそうな予感である。
そんな事を考えながらサクサクとシステムを組み立てていく。

20121229e

サイトの電源を入れてレティクルを表示させる。
夜間で明るい月に対してレティクルを視認させるには相当な輝度にしないと見えにくい。

20121229f

おっ、一発で決まった。
早いですねえ。
自由雲台のそれとは全く次元が異なるほどの速度と簡便さだ。

20121229g

ここで2軸化したマンフロット410が大活躍である。
微速で動く月であるが、1200mmオーバーの超望遠レンズでは高速で動き続ける被写体になってしまう。
それを追随し、ファインダー中央に固定するのが2軸化410の役割である。
これは使える。スゴイですね~。

20121229h

ピントを絞り込むが、上空の月外縁部が激しく揺らめいている。
大気の動きが激しすぎて、精細な写真は厳しそうだ。

20121229a
Canon EOS M+EF400mm/5.6L USM+Extender 2.0x III

そんなでも、一応撮影してみた。
新型雲台第一号の月写真である。
うむ、それなりに写っている。

ふと天頂近くの月のそばにひときわ明るく輝く星を見つけた。
木星である。

僅かの角度しか離れていないので、そちらに照準を合わせてみた。
こんな時も、この高速照準器付き新型雲台は即座にファインダー内に木星をとらえることができる。

20121229b
Canon EOS M+EF400mm/5.6L USM+Extender 2.0x III

はあ、やはり1200mmの超望遠レンズを使っても木星は小さいですね。
さすがにこの暗さと小ささではマニュアルフォーカスとなってしまう。

ちょっとトリミングしてみましょうか。

20121229c
Canon EOS M+EF400mm/5.6L USM+Extender 2.0x III(トリミング)

おぉ、木星の縞模様が見えるではないか。
大気の揺らぎが激しすぎて鮮明ではないが、何となく木星だと分かるのが嬉しい。

さすがにこのシステムでは大赤斑まではわからない。

« ストレッチキャット カレンダー | トップページ | 自分的デジカメ録2012 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月と木星:

« ストレッチキャット カレンダー | トップページ | 自分的デジカメ録2012 »