無料ブログはココログ

ana

  • ana

« DMC-FT5の高感度 | トップページ | Lumix GX Vario 35-100mm/F2.8 ASPH.(テスト撮影) »

2013年2月27日 (水)

スキーグローブとFT5

私のタフネスコンデジの使用目的は殆どがスキーである。
そのためにグローブを付けた状態での操作が、そのデジカメの優劣を左右する。

20130227a

特に重要なのが、電源ボタン・シャッターボタン・録画ボタン、そしてズームボタンだ。
これらの操作に於いて、グローブを付けたままでうまく操作可能なのかを見てみたい。

20130227b

愛用のスキーグローブはヘストラだ。
この蹄のような三本指タイプのグローブが実に温かい。
では早速これを付けながら操作してみましょうか。

20130227c

まずは重要な電源である。
いつものことで、FTシリーズの電源ボタンは、以外にもグローブを付けていても簡単に入るのだ。

20130227d

うむ、やはり一発で入れることが出来た。
人差指の腹で押すのがポイントである。

20130227e

次は問題のシャッターだ。
FT4の時には、グローブを付けた状態ではシャッターがなかなか押せなくて相当いらついてしまった。

20130227f

あ、簡単に決まるじゃないですか。
改良したんですかね。
どの指でもうまく押せた。

この後もズーム・録画ボタンともにスパスパ決まる。
FT4とは別物のようだ。
ちなみに、FT3は大震災のために持ち出す機会はなかった。

20130227g

最後に電源オフ。
これも完璧である。

20130227h

よく見ると、今回は手袋ばかりのつまらない写真であった・・・・。
最後くらいは手袋にも主張を持たせておいた。

ボタン類に殆ど外見的な変化はなかったが、FT3/4から比べると明らかに改善されている。
ついに理想のタフネスコンデジを手に入れてしまったのかもしれない。

« DMC-FT5の高感度 | トップページ | Lumix GX Vario 35-100mm/F2.8 ASPH.(テスト撮影) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキーグローブとFT5:

« DMC-FT5の高感度 | トップページ | Lumix GX Vario 35-100mm/F2.8 ASPH.(テスト撮影) »