無料ブログはココログ

ana

  • ana

« ど忘れ | トップページ | ヤマト2199 な日々(艤装) »

2013年2月 9日 (土)

OM-D のアイカップ

実は今、私のOM-DにはアイカップEP-10が付いていない。

20130209d

いつの間にか取れてしまってそのままになっている。
取れたのは昨年の夏、赤岳に向かったときだ。

20130209a
Olympus OM-D(E-M5)+Lumix G8mm/3.5 Fisheye

OM-Dにストラップを通して、首からブラブラぶら下げていた。
ふと見ると、アイカップEP-10のゴムが何度も外れかけていたのだ。

マメに見ては元に戻す。
これを何回も繰り返していたある時、EP-10そのものが消えていることに気づいた。
さすがに戻って探す気にはならなかったので諦めることにした。
以来、そのままになっている。

20130209b 在りし日のEP-10

この件があって以来、貧弱なアイカップにはあまりいい印象を持っていない。
ある意味、GH3の様に取り外し不可能なゴツいアイカップもありなのではないかと思うようにさえなっている。

20130209c GH3のソレ

最近、自分にとってのOM-Dの立ち位置は、E-Pxのような小型ミラーレスになっている。
背面ボタンの間隙が小さすぎるため、とっさの操作に難が出ることが多いのだ。
現在は鞄に仕舞うにあたって、RX1とその座を争っている。

ただ、オリンパス製はボディ内手振れ補正の効果が非常に大きく捨てがたい。
OM-DをGH3のようにもう少しだけ大型化して、使い勝手をよくした機種が欲しい。
レンズが小型な分だけ、システムとして考えた有効性は非常に高いと思われるのだ。

« ど忘れ | トップページ | ヤマト2199 な日々(艤装) »

コメント

パナソニックのアイカップは絶対取れないようになってますよね。
GH1のアイカップがボロボロなので、パーツだけ購入して自分で交換できたらと思ったりもしますが、簡単に取れてしまうのは困りますね。
取れてしまうと見た目のあまりよくないですし。

オリンパスのEP-10はOM-Dに取り付けたとき、横から見ると結構隙間が
目立っていました。
気持ち的なものではありますが、何とかならないものかと思案していた
ことを思い出します。

確かに自分で交換不可能なタイプは、一度サービスに出さねばどうしようもありませんからそうしたデメリットを甘受せねばならないですね。

悩むところであります。

GH3のアイカップはとれます&とれました。

え?そうなんですか?

ガッチリ固定されている感じなので、てっきり外せないものとおもいこんでいましたが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OM-D のアイカップ:

« ど忘れ | トップページ | ヤマト2199 な日々(艤装) »