無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 極軸合わせ専用微動架台 Dish-2 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 Vol.4 »

2013年3月 2日 (土)

クリエイティブレタッチな FT5 と GH3

フィルター効果を楽しむにはオリンパスのOM-Dが最も優れていると感じている。
オリジナルRAWを撮影しておけば、後でボディ内操作により様々なフィルター効果をJPEGファイルにして保存することが出来る。

20130302a

対してパナソニックのボディでは、GX1を購入した頃はフィルター効果をかけるとRAW自体に効果が記録されてしまい、オリジナルのデータを残すことが出来なかった。
一発勝負だったのだ。

しかし、GH3を購入したときに確認すると、フィルター効果をかけてもJPEGのみでRAWはオリジナルデータが残されてるように改良されていた。

だが、JPEGかRAW+JPEGというようにボディで設定しておかないとフィルター効果のかかったデータは残せない。
RAWだけでは駄目でJPEGがないとフィルター効果を残せないのだ。

ちなみにRAWもPCの現像ソフト上はフィルター効果が残っているように感じるが、これはRAWのサムネイル用の画像に効果が残っているだけで、RAWを開けばまっさらなオリジナルRAWしか現れない。
オリンパスのように後でボディ内RAWからの現像が出来ないのが欠点だ。

20130302b

前置きが長くなった。

つまりパナソニックの画像フィルターはイマイチ使い勝手が良くなかったのだ。
ところが、このFT5のフィルターはOM-Dライクで非常に完成度が高くなっている。
ちょっと見てみよう。

20130302c

FT5はコンデジなのでJPEGしか残せないが、このJPEGデータからOM-Dのようにフィルター効果のある画像をボディ内現像で残すことが可能なのだ。

20130302d

この写真を使って効果を見てみたい。

コンデジにしてはボケすぎだなと思う貴方、スルドイです。
これはGH3のJPEGデータである。
他にまともな写真がなかったので、これを使いたい。

20130302e1

フィルター14種も出すのは大変なので、ワンポイントカラーだけで見てみよう。
再生画面から十字キーの上ボタンを押してレタッチを選ぶ。

20130302e2

そこでクリエイティブレタッチを選択して・・・・

20130302e3

ワンポイントカラーを選べば良いのだ。

20130302e4

カーソルを移動して残したい色の所に合わせると・・・・

20130302f

このようにワンポイントカラー画像のできあがりである。

この機能を是非、GH3のRAWデータから出来るようにファームアップして欲しいものだ。
ちょっと無理ですかね?

実際にフィルター効果を楽しむときは、OM-Dのように背面液晶を見ながら効果を確認する事が多い。
この方が第三者に対しても非常に受けが良いのだ。

この機能がFT5に搭載されたことに感謝したい。

パナ製マイクロボディにもこの機能が乗せられる可能性があるからだ。
やるなら是非、JPEGだけでなくRAWからも可能にしていただきたいものである。

RX1は高品位なフィルター効果を残せるが、連写3枚などその場でしかフィルター撮影ができないものが多い。

対してGH3はせっかく単射撮影のみでフィルター効果を出せるのであるから、後でのボディ内フィルター処理は不可能ではないはずだと思うのだが。

« 極軸合わせ専用微動架台 Dish-2 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 Vol.4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリエイティブレタッチな FT5 と GH3:

« 極軸合わせ専用微動架台 Dish-2 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 Vol.4 »