無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 駆除 | トップページ | EF70-300mm/F4.0-5.6L IS USM(テスト撮影) »

2013年5月25日 (土)

EF70-300mm/F4.0-5.6L IS USM(スペック)

久しぶりのレンズネタである。
本日いつものカメラ屋さんから引き取ってきた。
EF70-300mm/4.0-5.6L IS USM。

20130525a

望遠レンズは135mm/2.0Lや200mm/2.8L IIを持ってはいるが、如何せん単焦点ばかりだ。
写真のウデもさほどよろしくない私にとっては過ぎたレンズたちである。

なので適当な望遠レンズ、しかも便利な軽量ズームが一本は欲しいと言うことで選ばれたのが、このレンズというわけなのだ。

70-300mm域のズームレンズで軽量コンパクトということを考えるとDOレンズが上げられる。
しかし、逆光性能やボケにクセのあるレンズと言うことから今回は割愛した。

20130525b

早速、本題に入る。
サイズはΦ89x143mm、重量は1050gと他社製同焦点域の望遠レンズから見ると、やや寸胴で重い。
ここはLレンズという事で何とか納得したいところだ。

作りはしっかりしており隙は無い。
値段の割に工作精度の高さを実感出来る。

20130525c

レンズ構成は14群19枚、UDレンズを2枚使用している。
最新のISユニットは4段分の手振れ補正効果を持つという。
嬉しい。

20130525d

フィルター系はお財布に比較的優しいΦ67mm。
絞り羽根は円形8枚構成となっている。

20130525e

最短撮影距離は全域1.2m、最大撮影倍率は300mm域で0.21倍。
70mm域では0.06倍という。

20130525f_2

4段分を持つ手振れ補正機構は通常のモード1と流し撮り用のモード2を搭載する。
値段の割にサービスがいい。

20130525g

まだ、自重による鏡胴が伸びるのを防ぐロック機構を持つ。
キヤノンのは何気に地味目な気がする。
でも付けてくれたことは感謝である。

20130525h1

さて、どのくらい鏡胴が伸びるのかを検証してみる。
左が70mm、右が300mm、50数mmほど伸びるようだ。

ZD ED50-200mm/F2.8-3.5SWDの様な強烈な伸びしろがでないために我慢出来る。
と言うか全然気にならないレベルだ。

20130525i

残念ながらエクステンダーは装着出来ない。
ある意味、自己完結型のレンズである。

コレ一本で望遠ズームは全て任せなさいと伝わってくるようなレンズだ。
可変F値を持つズームでありながらLという数少ない異色のレンズ。

Lでありながら敢えてコンパクト化を目指した。
私の目指すものに非常に近い気がする。

次回はテスト撮影で性能を確認したい。

EF70-300mm/4.0-5.6L IS USM

スペック
テスト撮影
実写と感想

« 駆除 | トップページ | EF70-300mm/F4.0-5.6L IS USM(テスト撮影) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF70-300mm/F4.0-5.6L IS USM(スペック):

« 駆除 | トップページ | EF70-300mm/F4.0-5.6L IS USM(テスト撮影) »