無料ブログはココログ

ana

  • ana

« Lumix G 20mm/F1.7 II ASPH.発表 | トップページ | おまわりさんの自転車 »

2013年6月28日 (金)

キヤノンズーム3本で散歩

先日、広角から望遠まで揃えたキヤノンのコンパクトLズーム3本を持ち出して散歩に出かけてみた。
17-40mm/4.0Lと24-70mm/4.0L ISと70-300mm/4.0-5.6L ISだ。

20130628a

このコンパクトとは言え、3本のズームを持ち出すとなるとそれなりの重量になるはずだ。
今回は雨の翌日でもあったためにロエベの革製バッグでなく、プラダの強化ナイロン製のバックをチョイスする。
こちらの方がナッパ革に比べて桁違いに固く、重いレンズを入れても歪まないのだ。
スバラシイ。

20130628b

ボディに24-70mmを装着して、3本入れるとちょうどいい。
隙間にペットボトルとお菓子を入れれば完成である。
もちろん、サイドファスナーにはシートが入っている。
ちなみに総重量は475g+600g+1050g+950g=3kg強だ。
やはりちょっと重い。

20130628c

昨年から軽く筋トレを行っているが、やはり重いモノは重いのだ。
それに私の体が甲虫の腹のようになって気味が悪いと嫁さんからも不評である。
女性陣には筋トレは受けが良くないようだ。

20130628d1
Canon EOS 5D MarkIII+EF24-70mm/4.0L IS USM

さて、話を切り換えて早速実戦での使用感だ。
やはりメインは標準ズームの24-70mm/4.0L ISである。
マクロモードも付いているので被写体を選ばないのが嬉しい。

20130628d2
Canon EOS 5D MarkIII+EF24-70mm/4.0L IS USM

手振れ補正もしっかり効いているので安心して撮影出来る。
マクロモードだと時折AFが不安定になるが、ズームリングを動かすとすぐさま合焦する。
このズームを買って良かった。

20130628d4
Canon EOS 5D MarkIII+EF17-40mm/4.0L USM

次は実戦投入がお初である17-40mm/4.0Lだ。
ああ、結構良いレンズじゃあないですか。
なんと言っても軽いのがありがたい。

20130628d3
Canon EOS 5D MarkIII+EF17-40mm/4.0L USM

周辺域の色収差がちょっと気にはなるが、自分的には全然許容範囲だ。
ちょっと解像度が気になるかな?
くどいようだが、広角ズームなのにこの軽さである。
このズームを選んで良かった。

20130628d5
Canon EOS 5D MarkIII+EF70-300mm/4.0-5.6L IS USM

最後に新型の望遠ズーム70-300mm/4.0-5.6L ISである。
これはなかなかスゴイ。
さすが最新型だと納得させるほどの高解像な画像を出す。

20130628d6
Canon EOS 5D MarkIII+EF70-300mm/4.0-5.6L IS USM

フォーカスも高速なので使っていてストレスがたまらない。
手振れ補正の効果には一瞬のラグがあるが、コツさえつかめれば問題なさそうだ。
このズームを持ってて良かった。

この3本があれば旅行には全てまかなえそうだ。
ただ、ハイスピードレンズがないために、高感度で対処するしかないであろう。

試しに24-70mm/4.0L ISの標準ズームの代わりに、所持しているコシナのマクロプラナー50mmを代替したらどうなるだろう。
こちらは510gと、標準ズームより100g弱軽く出来る。
マニュアルフォーカスであることが難点だが。

17-40mm/4.0
50mm/2.0(マクロ)
70-300mm/4.0-5.6

あー、17-40mm/4.0L USMの幅広い焦点域が効いているので十分実用ではありそうだ。
でも、その場合は常時レンズを17-40mmにすることになる。
ちょっと私の場合では使いにくいかな?

今度、このパターンでも持ち出してみよう。

« Lumix G 20mm/F1.7 II ASPH.発表 | トップページ | おまわりさんの自転車 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンズーム3本で散歩:

« Lumix G 20mm/F1.7 II ASPH.発表 | トップページ | おまわりさんの自転車 »