無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 猛暑日 | トップページ | 山とカメラ(b-grip 中編) »

2013年7月10日 (水)

山とカメラ(b-grip 前編)

今日も非常に暑かった。

20130710a

昼休みに職場の上にある休憩室へ一歩足を踏み込むと殆どサウナ状態だ。
見る見るレンズが結露していく。恐ろしい。
今日も外に出る気はしないので、今回は山のカメラネタについて書いていきたい。

20130710b
Olympus OM-D(E-M5)+Lumix GX VARIO12-35mm/2.8ASPH.

私の登山にはカメラを持って行くことが殆どだ。
コンデジかミラーレスかDSLRか。

20130710c

コンデジは軽くコンパクトだが画質はイマイチだ。
DSLRは画質に対し満足できるが体積・重量共にかさばる。
なので間を取ってミラーレスを持ち出すことが多い。

20130710d
Olympus E-P2+Lumix G14-45mm/3.5-5.6ASPH.

山に登るとき、体幹四肢は絶えず動く。
場合によっては滝のように汗を流すこともあるだろう。
そんなときにカメラはどこにホールドさせるか。
(今回の話はポケットにしまえるようなコンデジは除外させてもらう)

山のレベルにもよるが、大半の方は「ザックにしまい込んでいる」か、「ストラップを利用し首から下げている」のではないかと思う。

20130710e

前者の場合、一々カメラを取り出すのが億劫だ。
わざわざザックを下ろして、どこぞからゴソゴソと取り出すのだ。
そして撮影が終わったら、再びしまい込んでザックを背負い直す。
面倒だ。ペースが崩れそうな気がする。

20130710f_2

では後者はどうだろう。
撮影するレスポンスは良いものの、首から下げたカメラが前後左右に振り子のように揺れて体幹にぶつかるためウザったさ全開である。歩行ペースにも影響が出かねない。
しかも大量の汗をかきながら登る厳しい山行では、いつの間にか首からぶら下げたカメラ&レンズが汗だらけの事もある。防滴であれば心配いらないが、気持ち的によろしくない。
岩場に至っては、カメラを傷つけまいか心配で己の安全が疎かになりかねない。

何か良いものはないかとずっと探してきた。
カメラを体幹の中心線でなく、サイドにガッチリと固定出来る何かが・・・・。

20130710h_2

職場に置いてある某登山雑誌を何気なく見ていたときに、偶然ソレを見つけた。
ザックのショルダーハーネスにSLRが固定されている。コレだ!
実用化されていたのだ。
早速探すと、らしきモノが色々出てくるが、取り敢えずは実用性の高そうな製品ををチョイスした。

20130710x

b-gripトラベルキット
本来は腰ベルトに通して使用するのだが、トラベルキットを追加購入することでザックのハーネスに直接固定出来る。
サイズから見て、DSLRも可能な感じだ。

果たしてコイツは使い物になるのか。
長年、追い求めてきた理想のギアが目の前にある以上、兎にも角にも買わねば納得出来ない!
速攻で購入した。

次回、このb-gripはどのようなモノなのか実際に確認してみたいと思う。

« 猛暑日 | トップページ | 山とカメラ(b-grip 中編) »

コメント

歩きながらカメラって大変ですよね。ペトラ遺跡でカメラ二台持って疲労困憊でした。
リュックサックに固定できてブラブラしないですぐに使えるっていうものを探してました!

ペトラ遺跡ですか!
いいところに行ってますねー。
うらやましいです。

b-gripは、アタリかもしれません。
かなり良さそうです。

こちらを読む限りでは、ブラブラしないのは、b-gripが一番の様ですね。
価格.com「一眼レフカメラを快適に携行する方法」
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=14372888/?cid=mail_bbs#14445821

ちぇりたさんの評価が良ければ、購入してみようかな。

実戦の使用歴がないので断定は出来ませんが、かなり実用性は高そうです。

リンク先を見せていただきました。
皆さん、カメラの携行にはかなり苦労しているようですね。

後日にb-gripにカメラ別の負荷テストをかけて耐性を見てみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山とカメラ(b-grip 前編):

« 猛暑日 | トップページ | 山とカメラ(b-grip 中編) »