無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 梅雨明けとソーラー充電 | トップページ | 猛暑日 »

2013年7月 8日 (月)

GH3とISO12800

昨日の日曜日は非常に暑かった。
前回の記事にもあるが、日中に外で作業したらホントに脱水を起こしかねないほど汗をかいたので、慌てて室内に逃げ込んだほどである。

せっかくの休日でもあるし、実際に外に出たのは日が傾き始めてからだ。
GH3を持って家族と食事に出かけた。

20130708a

夜間の撮影になるので、レンズはVoightlander NOKTON 17.5mm/F0.95を選んだ。
GH3にはボディ内手振れ補正が搭載されていない。
少しでも明るいレンズでシャッター速度を稼ぐ敷かないのだ。

20130708b
Panasonic DMC-GH3+Voightlander NOKTON17.5mm/0.95

それでも夜の公園では開放でもISO12800になる。
以前の高感度チェックで、ISO12800でも結構いけていたのでこのまま撮影してみた。
ああ、良いじゃないですか。

20130708c
Panasonic DMC-GH3+Voightlander NOKTON17.5mm/0.95

さすがに等倍チェックでは厳しいが、私のブログに載せる程度ならば十分だ。
シャッター速度は開放で1/100~1/125程度。
換算35mmレンズとしては余裕である。
OM-Dならばボディ内手振れ補正が付いているので、より有利だろう。

え?何故に今回OM-Dを使わないのかと?
GH3を使ってみると分かるが、このホールディングはマイクロ最強だ。
私にとって ホールディング>手振れ補正 というのが理由だ。

決してOM-Dのバッテリーが切れていたというのが理由ではない。
多分・・・・。

« 梅雨明けとソーラー充電 | トップページ | 猛暑日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GH3とISO12800:

« 梅雨明けとソーラー充電 | トップページ | 猛暑日 »