無料ブログはココログ

ana

  • ana

« Uターン | トップページ | 梅雨明けとソーラー充電 »

2013年7月 6日 (土)

TS-E 45mm F2.8(テスト撮影)

今日は中古で購入したTS-E45mm/2.8のテスト撮影である。
キヤノンレンズにしては珍しく、古いレンズでありながら未だ現役を勤めている。

20130706e

はたして光学性能は如何なモノか?

Pon4_2

被写体はいつものポン様で行う。
距離は2m、絞り優先モードで撮影した。
ボディは5D3、ISOは100、WBはオートである。

【テスト撮影】

F2.8(開放)
20130706a1

F5.6
20130706a2

F8.0
20130706a3

F11
20130706a4

F22
20130706a5

開放から全然使える。
若干、解像度に甘さは残るものの色乗り、コントラストは十分だ。

絞り込む毎に解像感はアップする。
F8か11辺りでMAXだろうか。
F16より回折現象のためか、鮮鋭度の低下が分かる。

20130706b

分かりやすくするために、各絞り値にてトリミングした中央部を添付しておく。
クリックで拡大される。

【最短距離撮影】

F2.8/F11
20130706c1 20130706c2

最短撮影距離の40cmで撮影を行った。
ボケは思ったより自然な感じだ。

20130706d トリミング

光源ボケは隅角部でも奇麗な円形を呈している。
さすがに余裕のあるTS-Eレンズだ。
古いレンズ設計のためか、アスフェリカルな紋様も出てこない。
自然な感じに好感が持ている。

値段を考えなければ、なかなか良いレンズだと思う。
EF40mm/2.8STMが良いライバルになるだろう。(笑)

次回はティルト・シフトのテスト撮影を行ってみたい。

TS-E 45mm F2.8

スペック
テスト撮影
実写と感想

« Uターン | トップページ | 梅雨明けとソーラー充電 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TS-E 45mm F2.8(テスト撮影):

« Uターン | トップページ | 梅雨明けとソーラー充電 »