無料ブログはココログ

ana

  • ana

« M.ZD ED 12-40mm/2.8 PRO(テスト撮影) | トップページ | ココログ不調2 »

2013年11月 9日 (土)

C→N→C→N?

ここを覗きに来られる方ならば、すでに存じているであろうNikonのフルフレーム対応の新型DSLR、Nikon Dfについて語ってみたい。

20131109a

なんとまあ、にくいデザインのDSLRを発表したのだろう。
おじさん世代のカメラユーザーのハートを釘付けにしたのではないだろうか。

20131109b

今でこそSLRは電子機器の塊であるが、フィルム時代のそれはまだまだ精密機械工学の塊といった雰囲気を残していた。
巻き上げレバーにかかるシャッターチャージとフィルムテンションを母指で感じ、示指でシャッターストロークを味わいながらバネが戻る感触を楽しんだ。

20131109a1

そんな装いを残しつつ、スチル撮影のみに特化させたDSLRがこのNikon Dfである。
当然、中身は電子機器の塊だ。
巻き上げレバーも巻き取りクランクものぞき窓から見えるフィルムカウンターもない。
デジタルらしくISOも自動で調整、絞り値とシャッター速度もカメラにお任せだ。

20131109f

だが、懐古心をくすぐるシャッター速度や露出が印字されているダイヤル群。
今時のカメラらしくISOダイヤルも12800まで付いている。
フィルムカウンターよろしく最低限の情報のみを表示する小型液晶。
シャッターに於いては、ご丁寧にねじ込み式のレリーズケーブルが取り付けられる雰囲気あふれるシャッターボタンが軍艦部に搭載された。グリップじゃないところがミソだ。

20131109d

・・・・欲しい。
これは非常に欲しいカメラである。
発表されてから予約してしまおうかどうか悩むこと数知れない。
何とか冷静さを保っているが、いつまで持つか分からない。

20131109e

だが、もし購入してしまったら、絶対に使わなくなるマウントが出てくる。
おそらく同じセンサーサイズを持つメーカーのマウントだ。

そうなると同様のレンズ群をまた切り換えねばならない。
C→N→Cと来ているのに、再び→Nになる事を考えると恐ろしい。

怖いのがDfに「飽きた」ときだ。
何かその時にさらに再び「→C」が来そうで、それを考えると予約にと持った受話器を下ろさざるを得ないのだ。

« M.ZD ED 12-40mm/2.8 PRO(テスト撮影) | トップページ | ココログ不調2 »

コメント

キヤノンはこの手の物は出さないでしょうから、
マウント縛り開放して、気分スッキリしましょう。

どうしてもマウントを増やしたくないなら、
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4 Gを付けて、
接着剤で固定しましょう。

これが発表されてから購入するための正当な理由を考えているのですが、先日ふとMFレンズ専用機なんてどうだろうなんて思いつきました。

コシナやZeissなどでそろえるのです。
あ、いいかな~なんて考えていましたら、自分が老眼だったことを思い出して即却下といたしました。

仰るとおり、キヤノンからはまず発売されないデザインでしょうから、Dfは見なかったことにするか、新たな購入理由を考えなくてはいけませんね。

私も小さな文字が読めなくて困っていたので、
100円ショップで虫眼鏡を買ってきました。

Dfの仕様を見ると、フォーカスエイドができるとありますので、
コシナ使えますよ。

ankoさん、ちょっとこちらへ・・・・

(小声で)実はね、予約しちゃったんですよ。d(-`ε´-;)

はい、なんでしょうか?ちぇりたさん。
(小声で)やっぱりねぇ、そうこないと。
(さらに小声で)実はね、先日ニコンのハチゴローをオーダーしちゃったんですよ。d(-`ε´-;)

ハ、ハチゴローですか・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
凄まじいですね。恐れ入ります。

私もささやかながら58mm/1.4を一緒に注文してしまいました。
Dfではオーバースペックと感じましたが、ボケの雰囲気だけでもと思いまして。
もちろんセメダインも一緒ですよ。( ̄ー ̄)ニヤリ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C→N→C→N?:

« M.ZD ED 12-40mm/2.8 PRO(テスト撮影) | トップページ | ココログ不調2 »