無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 8th Birthday | トップページ | 一段落 »

2014年3月 9日 (日)

Nikon1 AW1の高感度

シルキーピックスがなかなかAW1に対応してくれなかったので、このテストは放置されたままになっていた。
まだ記事にしてなかったので慌てて検証してみる。

20140309a

AW1はNikon1シリーズの中でも異彩を放つ耐衝撃能を有する防水カメラだ。
防滴ではなく防水なのだ。
デジタルカメラの中で、レンズ交換式でありながらハウジングを持たずに水没可能なカメラはAW1の他には知らない。

耐衝撃能を有する防水のためにNikon1という小型が売りであるボディは、コンパクトサイズのAPS-Cセンサーボディよりも大きくなってしまった。
だが私はこんな他社にはないコンセプトを持つカメラが大好きだ。

Pon2

被写体はいつもの犬の置物である。
距離は2m。レンズは1NIKKOR AW 11-27.5mm/3.5-5.6を使用する。
焦点距離は35mm換算で50mmくらいのところで撮影を行った。
ISOは最小の160から6400まで一段ずつ記録した。

【高感度撮影】

例の如く撮って出しで行うが、上段はそのまま、下段は中央のトリミングだ。

ISO160
20140309b1

20140309c1

やはり1インチセンサーともなるとかなりキレイに写るようだ。
マイクロフォーサーズの半分程度のセンサーであるが、写りはなかなかどうしてキレイである。
コントラストや色乗りも十分だ。

トリミングでは犬の置物のしわや、咥えている看板の木目もしっかりと描写されている。
ノイズに対しても問題は見られない。
コンデジにありがちなのっぺりとした画像ではないのがいい。

ISO200

ISO200ではISO160とさほど変化はない。
まあ、あったら困るのであるが、今回は割愛した。
トリミングでも殆ど差がないのでスルーしたい。

ISO400

20140309b3

20140309c3

ISO400でも200に比べると殆ど差はない。
だが、トリミングを見ると犬のすう壁に僅かな差が見られる。
看板の木目も同じである。
実際には気にするレベルではない。

ISO800
20140309b4

20140309c4

ISO800でも全体の写真では著変は見られない。
だが、トリミング画像ではすう壁や木目の減少がハッキリ分かる。
ノイズはまだ気にならないレベルだが、階調の消失が少し気になる。

ISO1600
20140309b5

20140309c5

ISO1600になると全体像で少し解像感の低下が分かるようになる。
でも、まだいける感じがする。

だが、トリミング画像を見るとすう壁と木目共に劣化が進んでいる。
個人的な許容範囲はこのあたりまでであろう。

ISO3200
20140309b6

20140309c6

細かい部分は破綻が始まっている。
等倍鑑賞はもう厳しい。

全体像では色乗り・コントラストも残ってるので、サムネイル的な感じには十分使えるだろう。

ISO6400
20140309b7

20140309c7

境界部には毛羽立ち感が現れ、背景にもノイズがハッキリ現れてくる。
精細感はすでに破綻しており、カラーノイズもチラホラ見られ始めている。

昔のフォーサーズ/マイクロで感じた当時の何かを思い出す。
一応、まとめてサムネイルを作っておく。(クリックで拡大)

20140309d

20140309e

【まとめ】

コンパクトなセンサーの割に結構頑張っているのに驚かされた。
Nikonは画像エンジンがいいのかもしれない。

色の再現性はともかく、ノイズを上手く消して精細感を維持しつつコントラストと色乗りを保たせている。

いつからNikonは画像エンジンが強くなたのだろう。
センサーサイズは異なるがD100/200の頃は、「ああ、これはちょっと」という感じだった。

今回のAW1ではISO400までは問題なく使えるであろう。
800より緩やかに解像感の低下が始まり、3200で壁に当たる感じだ。

個人的には800まで通用使用で問題なし。
シャッター速度が欲しければ1600、光量不足なら3200といったところか。

20140309f
Nikon AW1+1NIKKOR AW10mm/2.8

タフネスコンデジよりも圧倒的な高画質でRAWデータによる画像編集も可能。
マリンスポーツやウィンタースポーツでの使用に気遣いすることなくアバウトに使えるミラーレスカメラだ。

ややオーバースペック気味なところに逆に安心感を覚える。
アウトドアで一度デジカメをポシャった方には心強いアイテムだ。

« 8th Birthday | トップページ | 一段落 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nikon1 AW1の高感度:

« 8th Birthday | トップページ | 一段落 »