無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 雨の夜長はEOS 5D MarkIII | トップページ | 子猫 »

2014年6月10日 (火)

M.ZD ED12-40mm/2.8PRO の近接撮影

ファームアップ後、初のE-M1使用になるのではないだろうか。
取り敢えず今日は自宅からマイクロボディを忘れずに持ち出してきた。

今日は一本のみで撮影する予定だったので、高評価のオリ製大口径標準ズームM.ZD ED12-40mm/2.8PROを装着した。

20140611a
Olympus OM-D(E-M1)+M.ZD ED12-40mm/2.8PRO

このレンズの強みは写りのみならず接写でもある。
換算で最大撮影倍率0.6倍を誇るので、ハーフマクロを超えた近接撮影も可能となる。
ボケも程々にきれいだ。

パナソニックの同等ズームでは換算撮影倍率が0.34倍で当レンズに比べると結構落ちる。
この近接撮影の差は歴然で、オリ製ズームを旅先に持ち出す場合はマクロがいらないくらいと感じている。

ただマクロレンズではないので、近接撮影時(特に広角域)には歪曲収差が目立ちやすい。この辺はパナの方が自然に写る。
当該ズームは被写体を選ぶ場合があるだろう。
あくまで接写が可能なズームレンズと言うことである。

20140611b
Olympus OM-D(E-M1)+M.ZD ED12-40mm/2.8PRO

20140611c
Olympus OM-D(E-M1)+M.ZD ED12-40mm/2.8PRO

もうナスとキュウリが育ってきた。
昨年から始めた園芸だ。

毎年7月のお盆は、実家で取れたナスとキュウリを使って馬と牛を作るのが定番になりつつある。

しかし、評判に違わずいいズームレンズだなあ、コレは。
あらゆるシチュエーション対応出来て写りもいい。万能レンズだ。

« 雨の夜長はEOS 5D MarkIII | トップページ | 子猫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M.ZD ED12-40mm/2.8PRO の近接撮影:

« 雨の夜長はEOS 5D MarkIII | トップページ | 子猫 »