無料ブログはココログ

ana

  • ana

« プロソフトンA | トップページ | ジェットラインな蛍光灯 »

2014年11月 5日 (水)

月と雲

t先日同様、今日も空に雲が多い。
せっかくソフトンAを購入したのにもかかわらずどうしたものか。

月齢も進んでいるので空は結構明るい。
よく見れば月の周りに暈がかかっている。なかなかいい雰囲気ではないか。
こんな状況を撮影できないかと再び望遠レンズを持ち出した。

20141105h

システムは先日と同様にEOS M2とEF400mm/5.6L
撮影を開始するが、露出の調整をしているときにやっかいな事に気がついた。

20141105d
Canon EOS M2+EF400mm/5.6L USM

月表面をメインにすると、月周囲に見られる暈の表情が消えてしまう。
月の明るさにマスクされてるのだ。

20141105e
Canon EOS M2+EF400mm/5.6L USM

かといって暈である雲の雰囲気を出そうとすると、月表面の表情が消えてしまう。
雲の明るさに比べ月の方が圧倒的に光量が多い。
両立させるにはダイナミックレンジの幅が大きすぎるのだ。

まあ、両方を両立させるにはHDRを行えば可能であるが、EOS M2には5D3のような簡易HDR撮影が出来ない。
かといってソフト的にそこまでやるほどのネタではない。
なので一枚で程々に両立しているラティチュードを探しましたよ。

20141105c
Canon EOS M2+EF400mm/5.6L USM

暈の神秘的な雰囲気は殆ど消えてしまっているが、仕方のないところであろう。
まあ、こんな辺りですかねえ。
結構狭い範囲だったのだが、こんな時は本当にミラーレスは便利だったりする。

20141105f
Canon EOS M2+EF400mm/5.6L USM

実際には雲のスピードがかなり速く、暈に合わせてチンタラ露出していると雲が流れてしまうため、ISOをあげて対処するしか方法がなかった。
おかげでノイズが結構目立つ。

あと、EOS Mはレリースがワイヤレスなので微妙にタイミングが合わないのでちょっと困る。
レリーズによる連写のレスポンスもイマイチである。

20141105g
Canon EOS M2+EF400mm/5.6L USM(トリミング)

EOS M3には、是非レリーズコネクターを付けていただきたいものである。
あと出来ればバリアングル液晶も。
デザインは今のままで満足である。

« プロソフトンA | トップページ | ジェットラインな蛍光灯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月と雲:

« プロソフトンA | トップページ | ジェットラインな蛍光灯 »