無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 庭掃除 | トップページ | 「F」なSurface Pro3 »

2015年4月28日 (火)

EOS M3で月撮影

未だにシルキーピックス6がM3のRAWに対応できていないので、とりあえずJPEG撮影でも可能な月を撮ることに決めた。

20150428a

月撮影は三脚とレリーズが必須となる。
フィルム時代はF11に1/125秒と決まっていたが、今のご時世はリアルタイムで背面液晶に反映されるので調整しやすい。
実にいい時代である。

20150428b_2
Canon EOS M3+EF400mm/5.6L USM

今日は上弦の月を少し超えたあたり。
さて、EF400mm/5.6Lをメインレンズに使用したので、換算は640mm相当の望遠レンズとなる。
だが、これでは月撮影も迫力が無い。
少しトリミングしてみましょう。

20150428c_2
Canon EOS M3+EF400mm/5.6L USM

だいたい800mm少し相当くらいの焦点距離であろうか。
だが、微妙に解像度が悪い。

20150428d_2

今回はせっかくファイルサイズの小さいJPEGで撮影したので、何枚かの画像をコンポジット(比較明合成)してみようと思う。
使用するソフトは定番の「Registax6」、コンポジットする枚数はSurfaceの能力を考えて8枚にしておく。

20150428e_2

このソフトは実に便利だ。
アラインポイント、スタックなどワンボタンですべて自動的にやってくれる。
CPUを能力にヤキモキしつつ、ひたすら待てばよい。

20150428f_2

ここまでだいたい3分弱ほど。
こののっぺり画像からシャープネスなどの微調整を行って仕上げれば完成である。

20150428g_2
Canon EOS M3+EF400mm/5.6L USM

と、こんな感じになる。
さらにトリミングをしてみると・・・・

20150428h_2
Canon EOS M3+EF400mm/5.6L USM

斯様となる。
因みにコンポジットを行う前との画像を比較してみると

20150428i_5
Canon EOS M3+EF400mm/5.6L USM

こんな具合だ。
コンポジット処理は何気に使えるのである。

20150428j_2
Canon EOS M3+EF400mm/5.6L USM

このような無機質的な雰囲気の月も作れる。
コンポジット処理は何気に面白い。

« 庭掃除 | トップページ | 「F」なSurface Pro3 »

コメント

今ではコンポジットすら意のままで、本当にいい時代ですよね~
その昔フィルムで苦労して星を撮っていた頃が、懐かしいです。

いやー、本当にすごい時代になりましたよね。

画期的に感じたのが、背面液晶を使ったピント合わせです。
背面液晶の一部エリアを拡大してピント調整が出来るようになるとは思いませんでした。

今のレンズはAFモーターの都合のせいか、無限遠に合わせても合っていないことがあるので、老眼の身には本当にありがたく感じます。
隔世の感を覚えますねえ。

全く仰る通りですよね~
実は銀塩時代に十数年ほど写真業界におりましたので、尚更に隔世の感が強かったりします。
ケータイ・スマホ・薄型テレビ・デジカメ等々、子供の頃なら全部SFの世界でしょう。(笑)

専門の方でしたか。
拙い写真ばかりをお見せして申し訳ないです。

私も当初は仕事の一部でマウントした写真をブルーバックの表などと一緒にスライド化したりしていました。
当時は何故に仕事と関係ないカメラのF値やシャッター速度などの知識を覚えねばと思っていましたが、結局カメラにはまって趣味の一環となってしまいました。

初めは仕事と同様ポジで頑張っていましたが、直に面倒になってネガに。
APSフィルムが出たらより簡単なAPSにシステムを切り替えたりしました。
デジタル化されたときにはこれでASAから解放されたとほくそ笑んだものです。
とうとうミラーレスが登場して移行したときには、私は楽な方へ楽な方へと進んでいるのだなあと納得しました。

今はスライドではなく、パワーポイント全盛ですね。
写真もデータ化されたので、明るさやコントラストなど簡単に調整ができます。
以前のように撮り直し・再現像という作業が減ったので、時間との戦いといったストレスが減少したのがいいですね。

いやいや、私は撮る方のプロではありませんでしたので、撮影技量などはアマチュアレベル程度ですよ。

仕事からカメラにはまりましたか。APSのカメラをお使いでしたとは、懐かしいですね。
私は逆で、カメラ好きが興じて写真業界へ入ってしまった口です。

拙い写真などとはとんでもないです。
私など銀塩時代の人で、デジタルになってからは普通のアマチュアですので、いつも興味深く大変参考にさせて頂いております。

私も昔はリバーサル使ってましたが、現代のイージーに撮れるご時勢からすると、よくまぁ一発撮りでバシッと撮っていたものと今になってつくづく思いますよね。
露出と色はシビア・感度も変えられない・構図の僅かなミスも許されない等々不便極まりないのですから・・・
でも今では私も安直化の一途で、銀塩カメラにはとても戻れないですね。

そうでしたね~。
リバーサルフィルムは高かったので、一枚一枚をすごく丁寧に撮影していた記憶があります。
やはりベルビア50あたりでしたか?

デジタルになってから、一枚の重みがほとんど無くなった気がします。
デジタル黎明期は、失敗してもやり直しが効くので皆上手くなりますよという意見もありましたが、私は全然そんな気配はなかったので、デジタルになっても真剣にやらないとダメなんですね。笑

今は簡単になりすぎたので、あ~もうこれでいいか~なんて気持ちでやってますからもう駄目出しばっかりです。笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS M3で月撮影:

« 庭掃除 | トップページ | 「F」なSurface Pro3 »