無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 夏至 2015 | トップページ | M.ZD ED7-14mm/2.8PRO がやってきた »

2015年6月23日 (火)

オリンパス300mm F4 PROの噂2

なんかデジカメinfoさんで面白い噂が掲載されていた。

オリンパス300mm F4 PROはレンズ内手ブレ補正を搭載するためリリースが遅れる?

デジカメinfo

要はボディ内手ぶれ補正の雄であるオリンパスは、超望遠レンズである300mm F4ではボディ内補正能が低下するためにレンズ内手ぶれ補正を導入するらしいということだ。

20150623a
Olympus OM-D(E-M1)+M.ZD ED40-150mm/2.8PRO

これは面白い噂である。
考えられるパターンは二つある。
一つは長望遠レンズ使用時はレンズ内補正のみを使って撮影する方法。
もう一つはレンズ内補正とセンサーシフトを同時に用いたハイブリッド補正で撮影する方法だ。

簡単に済ますのならば前者であろう。
オリンパスがどの程度のレンズ内補正技術を持っているかは分からないが、手軽さからいったらコレである。

問題は後者だ。
フォーサーズの時のようにパナレンズ+オリボディというような連携のない各自独立した補正効果なのか、電気的な信号でやりとりした真性のハイブリッド補正なのかと言うことだ。

もしレンズとボディでやりとりする場合、効果を最大限に出すためには専用の設計が必要になるのではないかと思う。
ファームアップで簡単に・・・・とはいきにくいのではないだろうか。
個人的にはデジタル時代であるが故に是非とも連携のあるハイブリッド手ぶれ補正を期待したい。

20150623b
Olympus OM-D(E-M1)+M.ZD ED12-40mm/2.8PRO

てっきりマイクロではパナが先に実用化してくるのではと思っていたが、オリンパスが狙ってくるとは。
まあ、あくまでも噂なので楽しみに300mmの発表を待ちたいと思う。

« 夏至 2015 | トップページ | M.ZD ED7-14mm/2.8PRO がやってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス300mm F4 PROの噂2:

« 夏至 2015 | トップページ | M.ZD ED7-14mm/2.8PRO がやってきた »