無料ブログはココログ

ana

  • ana

« なぜだろう | トップページ | 水漏れ2 »

2015年8月22日 (土)

DMC-GX8がやってきた2

どうしてもパナソニック製の新型手ぶれ補正機構であるDual I.S.の効果を知りたくて購入したGX8についてである。

副題に「スペック」と書いてあるが、今更カタログの数値を羅列するのも何なので、実際に触れた感想について書いていきたい。

20150822a

全体的なデザインはグリップのついたレンジファインダータイプである。
グリップのついた分、ホールディングは改善しているため使用感は悪くない。

ボディサイズが大きいという話もあるが、個人的には小さすぎても使いづらいためにこのくらいでいいと思う。
まあ、コレより大きいとちょっと問題が出てくるが。

20150822b

軍艦部には流行の露出ダイヤルが搭載された。
パナ製のレンズ交換式では初ではないだろうか。
ダイヤル群は右側に集中して配置されており、使い勝手は結構よろしい。

20150822c

外付けストロボに対応するホットシューにはパナソニックおなじみのロック付きシューカバーが付いている。
なかなかこのカバーが秀逸で、ただでさえ失いやすいシューカバーの紛失に対応できる。
オリンパスのE-M1の特殊シューカバーはいくつ失ったかわからない。

因みにGX8には内蔵ストロボは存在しない。
あれば嬉しいが、無ければ仕方のないところである。

20150822d

今回、改善されているのがこのEVFである。
GX7のEVFはショルダーストラップでぶら下げていると、EVFが身体に当たりすぐに上を向いてしまってその修正が非常に面倒であった。
それがGX8ではよく考えられたロック機構が働いて上に開くことが予防されている。
これはスバラシイ。

20150822e

背面部は結構シンプルである。
ボタン配置は見た目からもわかりやすく、使用時に迷うようなことは無かった。
GH4に比べてカスタムボタンが少ないが、まあ本来はこれがスタンダードだろう。
液晶の背面にもシボが貼られている。

20150822f

液晶パネルは私の好きなバリアングル仕様で、GX8の購入理由になった一つでもある。
EVFを覗きながら液晶に触れつつフォーカスポイントの移動が可能な「相対位置モード」に対応していることも大きい。
老眼の身には、コレがあるないで使い勝手が劇的に改善する。

20150822g

硬質ゴムの側面カバーを開くといくつかのコネクターが見られる。
レリーズケーブルを取り付ける端子はGH4のように独立させて欲しかったが、GXシリーズではそれは難しいだろう。

20150822h

底面である。
三脚穴はレンズの光軸に一致しているので問題ない。

グリップ下部にバッテリーを挿入するカバーが見られる。が、実にシンプルな作りだ。
液晶背面のシボ貼付に見られるようなパナのこだわりを、この単調な底面にも見せて頂きたかったが、まあ場所的にも下着にこだわれというようなものかも知れないので取り敢えずこれで良しとしたい。

20150822i

SDカードはバッテリーカバーを開けてから挿入する。
側面からの・・・・と言いたいが、まあそれはGH4の特権とも言えるので、GXシリーズはこfれでいいのかも知れない。
バッテリーはBLC12で、先月出たG7と共用である。

20150822j

パナソニックでいいなと感じるのがチャージャーだ。
個人的嗜好だが、コンセントが直接付いているのが実に便利である。

E-M1のチャージャーはメガネ型のコネクタを介さねばならず、充電アイテムの品数が増える分それが面倒なのだ。

とまあ、一通り流してみたのであるが、まずはこんなところですかね。

20150822k

今回のGX8は、マイクロ機初の2000万画素超えのセンサーを持つ高解像機である。
今のご時世で2000万画素ほどで高解像度というのは語弊がありそうだが、マイクロユーザーからすると一線越えたという感が強い。

しかもパナソニックの新型手ぶれ補正機構であるレンズ側補正+ボディ側補正を組み合わせたDual I.S.が搭載されている。
おまけに相対位置モードの付いたバリアングル液晶まで付いているのだ。

自然に財布の紐が緩んでも致し方ないことだろう。

製品版Silkypixがまだ対応できないなので、高感度撮影などのチェックは後日になるだろう。
GX8の付属版Silkyは対応しているが、まあPro6の製品版が対応することを待ちたい。
シルキーの新カメラ対応の遅延は毎度のことなので、もう待つことが苦痛でなく普段のイベントとして慣れつつあるようだ。

まあ程々に早い対応をお願いしたい。

« なぜだろう | トップページ | 水漏れ2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DMC-GX8がやってきた2:

« なぜだろう | トップページ | 水漏れ2 »