無料ブログはココログ

ana

  • ana

« A007 キヤノンマウント | トップページ | 今年の夏旅行 »

2015年8月 2日 (日)

トイレ談話

先日、トイレに閉じ込められて脱水で亡くなった方のニュースをやっていた。
そんなこともあるのだなあとスタッフらと話していたら、一人が私もトイレに閉じ込められた事があると話し始めた。

20150802b
Nikon Df+AiAF Nikkor35mm/2D

今から10年ほど前に一人暮らしをしていた頃、夜にトイレへ入ったという。
用が済んでから出ようとノブを回したところ、突然鍵が壊れて開かなくなった。

何をしてもロックが開かない。
携帯はベッドサイドに置きっ放しであるし、着の身着のまま入ったので鍵をこじ開けるような器具も持っていない。
小窓を開けて助けを呼ぼうかとも考えたが、夜も更けておりその時はまだ切羽詰まった状況ではなかったため大声を出すことははばかられたという。

結局、トイレの中で30分ほどどうしようかと考えていたところ、偶然友人が訪ねてきて事なきを得た。
それでも工具を使ってトイレから出られるまで、一時間ほど費やしたと話してくれた。

20150802a
Nikon Df+AiAF Nikkor35mm/2D

恐ろしい。
閉所恐怖症ではないが、狭い閉じ込められた空間に長時間いることを考えただけでもブルってしまう。
幸い我が家のトイレドアは引き戸式なので、内側から扉を引き上げれば外せそうである。

そう言えば、以前に深夜に目が覚めてトイレに行ったことがあった。
何気にドアを開こうとしたところ鍵がかかって中には入れない。
電気も付いているので家族の誰かが入っているのだろうと階下のトイレに向かった。

用が済んで子供部屋を覗き、そして寝室に戻ったところ家族は全員揃っている。
2階のトイレはまだ電気が付いているので誰かが入っていることになる。
恐る恐るトイレの引き戸を開けようとするが、やはり鍵はかかっていた。

意を決して外から開けられる小さなフックを上げて扉を開けたところ、中には誰もおらず、ただ煌々と電気が付いているだけだった。
嫁さんもこの現象を何度か体験し、二階のトイレが怖いと言い出した。

私も何度かこれを体験しているうちに、ようやくそのからくりに気づいた。

誰かがトイレに入った後、電気を消さずにそのまま出る。
その時、引き戸式の扉を強く閉めると、慣性の法則でフックが倒れてロックがかかってしまうのだ。

電気を頻回に消し忘れる人物。
トイレの扉を勢いよく閉める人物。
二階のトイレの使用頻度が極めて大きい人物。
これらに当てはまる者が家族内に一人だけいた。

後日、現行犯でようやく決着が付いたのだ。

トイレは閉ざされた屋内環境のさらにその奥の閉ざされた特殊な閉鎖空間である。
日常によく使う空間でもあるために、ひとたびその通行が様々な理由で中からでも外からでも阻害されると大事になることが多い。

トイレはなるべく心穏やかに過ごしたい空間でありたい。
いずれも件もトラブルの方向は逆であるが鍵の変更で解決し、以後、問題は生じていない。

« A007 キヤノンマウント | トップページ | 今年の夏旅行 »

コメント

私の仕事の関係でもこの対策を巡っては結構、苦慮しています。
鍵の作りの問題で、最終的には本体ごと取り替えをするしか方法は
ないようですが。最近は高齢化問題で取替も切実な問題になって
いるようです。自分では閉じ込められた経験がありませんが夏場は
深刻ですよね~ 扉の丁番が外れる方式くらいにはしておかないと・・
と思います。

そうですよね。
中からの場合、取れる手段は限りなく限定されますから、そのあたりの対処法を考えないといけませんね。

個室内に大型の貫通ドライバーあたりをおいておきますか・・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トイレ談話:

« A007 キヤノンマウント | トップページ | 今年の夏旅行 »