無料ブログはココログ

ana

  • ana

« EF 35mm F1.4L II USM(テスト撮影) | トップページ | 秋のお彼岸 2015 »

2015年9月21日 (月)

New 35mm F1.4L II と ネコ撮りヒト撮り

まだ使い始めたばかりなので、"実写と感想"はもう少し後になると思う。
だが、持ち出すたびにただ者ではないと感じるようになった。

20150921d
Canon EOS 5D MarkIII+EF35mm/1.4L II USM

やはり28cmまで寄れるというレンズは使いやすい。
今度出るタムロンのSP単焦点もそうだが、開発部で寄れる標準単焦点に苦労したというコメントを残している。

20150921a
Canon EOS 5D MarkIII+EF35mm/1.4L II USM

加えてボケがいい。
Nikonの手放せないレンズにNIKKOR58mm/F1.4Gというボケ重視のレンズがあるが、これを彷彿させる印象を持つ。
コンパクトなNikon Dfと軽い58mmとの組合せは娘撮りなどの強力なシステムだ。
ただ焦点域が異なるので単純な比較は出来ないが、人物やネコを捕るときでも一歩下がった撮影が必要なのだが、この35mmにはそれがない。

20150921b_2
Canon EOS 5D MarkIII+EF35mm/1.4L II USM

このレンズもNikon同様にボケを重視した設計がなされているのであろうか。
それなりには考慮されているであろうが、58mmのようにボケに特化した作りではないだろう。
バランスを重視し、様々な設定を軽くクリアするよう作られたと思われる。
35mmという焦点域からも離れずに撮影できるというのがありがたい。
パースが58mmよりつきやすい注意は必要だが。

20150921c
Canon EOS 5D MarkIII+EF35mm/1.4L II USM

しかしキヤノンのレンズ技術には驚かされた。
惜しむらくはそのレンズのサイズと重量だ。
デイパックの専用気室に詰め込むと5D3とレンズでパツンパツンになる。

個人的にはNikonのシステムを崩しても軽量なEOS 6Dが欲しくなってきた。
このレンズにはそう思わせるだけの破壊力がある。
軽量でボケは抜群だが、寄りにくいNikon58mmの優位性を揺るがすものを持っている。

« EF 35mm F1.4L II USM(テスト撮影) | トップページ | 秋のお彼岸 2015 »

コメント

やはり子供さんの写真がとってもきれいです。
レンズからカメラ本体を購入するのもわかりません。
少し気持ちが揺らいでいます。6Dの選択の範疇ですが~重さもさることながら金額は大きな要因です。しかし、納得できない写真よりはいいですよね~~ 迷い迷路の中ですわ~(笑)

5D3を処分して6Dにダウングレードしようかなと思案中です。
このレンズにはそうまでさせる魔性ともいえる魅力を持っております。
おそらくですが、5D3をそのままに6Dを追加購入したら軽量さとコンパクトさから結果的には6Dのみの使用に偏りそうな気がプンプンと・・・・

ただ心配なのはAF性能ですので、いつものカメラ屋さんで中古のテストしてからにしようかなと思っています。
こういう明らかな差の出にくい性能はしばらくしてから分かることもあるので、ちょっと踏ん切りがつきにくいのも正直なところです。
ピンの細いハイスピードレンズで歩留まりが悪くなったらどうしようもありませんし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New 35mm F1.4L II と ネコ撮りヒト撮り:

« EF 35mm F1.4L II USM(テスト撮影) | トップページ | 秋のお彼岸 2015 »