無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 赤い光 | トップページ | 10年目点検 »

2015年10月28日 (水)

GX8の星空AF

パナソニックのGX8には新機能の星空AFが搭載されている。
まさに微少な光源である星に対してAFによるピント合わせが可能な素晴らしき機能だ。

20151028c

ポタ赤再考シリーズのカメラとして充分に使えそうである。
と言うわけで、早速準備してみた。

20151028d

今のシーズンならばようやく見え始めたオリオン座がよろしいであろう。
オリンパスのダットサイトであるEE-1を装着してオリオン座に光軸を向けてみる。
LEDの輝度を改造してあるので実に見やすい。
装着する時に位置調整ダイヤルに触れてしまうのが欠点だ。今度対策を考えよう。

20151028e1

GX8は液晶を展開するとレリーズケーブルをコネクタに挿しにくくなるのが残念である。
今回は星空AFの感覚を知りたいので2秒タイマーに設定してみた。

20151028e2

おっ、結構実用的な速度ではないですか。
迷いや外すことが無いとは言えないが、かなりの確率でヒットする。

20151028b
Panasonic DMC-GX8+Leica DG Summilux25mm/1.4

やはり都心の空は明るいせいか星の数が微妙である。
しかし、星のピント精度は充分満足いくレベルだ。

GX8の星空AFは使える。
ピント合わせに時間をかけることはもうなさそうだ。

ただ、Leica DG MacroElmarit45mm/2.8OIS.のような発売後しばらく経過したレンズは、ボディ内手ぶれ補正機構をOFFに出来ないのがやや残念である。
早めのファームアップを期待したい。

« 赤い光 | トップページ | 10年目点検 »

コメント

え~そうなんですか~? ますます、気になるじゃないですかっ。(笑)

昨晩、満月を観ながら三脚を立てて、月夜の撮影を続けてみるのもいいなぁ~と思っていました。昨晩はオリオン座が綺麗でしたね。
我が家のテラスからまっすぐ先にオリオンの星座が見えるのです。
とくにこれからは冬の星座はとっても綺麗ですからね~~

三脚もある程度のレベルのものがよさそうですか~。
今後に繋がるいい情報でした。そにしてもAFはありがたいですね。(笑)

星景よりも月の方がヤバいですよ。
カリカリに大きく撮影するには頑丈な三脚に剛健な雲台、そして超望遠レンズ。
一度投資すれば買い換えは殆ど無いと思いますが、散歩などで潰しに使う機材ではないですからねぇ。

でも一本あると本当に便利なんです。
私は来年に出るであろうパナソニックの100-400mmを購入して、いつか来るであろう娘の運動会に手持ちで持ち出す予定です。
あ、でもSAKURAさんもシュナちゃんの走り回る姿の撮影に使えますね。

フルフレーム機では持ち出しにくい超望遠レンズも、マイクロならば携帯可能な実用サイズで持ち出せます。
お一つ、是非~

こんばんは!いきなりですがご相談!

今GH3とGX7使ってるんですけど、GH3のタッチパネルが言うこと聞かなくなっちゃって、修理か買い替え考えてるんですが、買うならGX8かEM5ⅡかGH4、どれがいいですかねー??

うわー、結構難しい相談ですね~。責任重大です。(^^)

GH3の代替機と言うことですよね。
GH3が動画主体でしたらGH4一択ですが、パナカラーに拘らないと言うことであれば、静止画に強力なサポートをしてくれるボディ内手振れ補正機構を持つEM5IIもアリだと思います。
パナのとは次元が違います。

Dual I.S.、4Kフォトなど新世代のギミックにどっぷり浸かりたいならGX8もいいと思いますが、GX7とちょっと被りますよね。
GX8を使い出したら、コンパクトではありますがGX7は殆ど使わなくなるのではないでしょうか。

あと所持レンズがレンズ内補正機構の有無に因るところも大きいので、
その辺りをよく考えてみてはどうでしょう。

個人的に最強と思われる2台体勢は、オリンパスの強力な5軸手振れ補正が搭載されている機種と、パナソニックの4Kフォト機能が搭載された機種ではないかと考えています。

shuvさんが何に重きを置いているかによって優先順位は自ずと決まってくるような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GX8の星空AF:

« 赤い光 | トップページ | 10年目点検 »