無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 叔父の一周忌 | トップページ | FIAT 140 な日々11(キズはどうする?の巻) »

2016年1月19日 (火)

YUKI

ちょうど一週間前に東京で初雪が観測されたという。
私は見ていなかった。
なので今回が今年初めての私の初雪だ。

20160119y
Nikon Df+AiAF DC Nikkor105mm/2D

降りすぎると困るがやはり雪はいいものだ。
数年前にスキーで北海道へ旅行したことがあったが、冬の北海道があんなにいいと初めて知った。

子供の頃だったら四季で一番好きなのは夏と答えたろうが、今は冬と答えている。
まあ、各々のシーズンにも良さがあるが、はやり私は冬独特のメランコリーな雰囲気が好きなのだ。

その雰囲気に華を咲かせるのが雪であろう。

20160119w
Nikon Df+AiAF DC Nikkor105mm/2D

まあ、これも暖かい屋根付きの家があってこそ言える答えなのだ。
ほどほどにしか降らない雪のうわべだけで語っているのだ。

私は30年ほど前に数年間豪雪地帯に住んでいたことがある。
当時は雪かきが嫌で面倒で仕方がなかったことや、走る車を避けて雪で見えない側溝に落ちかけたこと、雪で通路のドアが開かなくなって大騒ぎになったことなど今ではいい思い出だ。

それでも雪が好きなのは、のど元を過ぎてしまったからなのだろうか?
私は、そこで休日に一人自室のこたつに入って本を読んでいたとき、何気に見た庭に降り積もる息をのむような雪景色の美しさを一生忘れないと思う。

« 叔父の一周忌 | トップページ | FIAT 140 な日々11(キズはどうする?の巻) »

コメント

降りましたね。2年ぶりでしょうか・・・・
105mmはすごくいい雰囲気に写っています。
中望遠を検討をしていますが、やはりニッコールレンズは魅力的ですね。

さて、雪国生まれの私たちは雪はあまり好きではないです。
それだけ生活が厳しいし、雪を除雪する時間と体力が大変だから?
いまとなっては雰囲気はいいんですが・・・・東京限定でしょうか~(笑)

こんばんは、すっかりお返事が遅くなってしまいました。

そういえば当時の雪国も春になるとスパイクタイヤの粉じんでホコリだらけでしたね。路上からはペットの数ヶ月ぶりの落とし物が出てきたりとか。
確かに住んでおられる方々にとっては冬は大変ですよね。
まあ、記事は戯れ言と思って読み流してください。

DC-Nikkor105mmはやはり古いレンズらしく、上の写真のような状況で撮影するとフレアやゴーストがでます。
ですから光源を中央にして撮影し、トリミングでフレーミングを少し変えてあります。
やはり中~望遠をお探しでしたら、是非Gレンズ以上のものをおすすめしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YUKI:

« 叔父の一周忌 | トップページ | FIAT 140 な日々11(キズはどうする?の巻) »