無料ブログはココログ

ana

  • ana

« TOAST Pro UPG | トップページ | 父の日 2016 »

2016年6月18日 (土)

探索2

土曜の午後は良く晴れていた。
そういえば、こんな日はよくスズメバチが飛んでいたなあということで、確認及び記録ということでEOS 5D3とEF70-300mm/4-5.6LISを持ち出した。

20160618a
Canon EOS 5D MarkIII+EF70-300mm/4-5.6L IS USM

生憎スズメバチはいなかったが、シオカラトンボを見つけた。
以前、7Dで飛翔するトンボを狙ったことがあったが、かなり難しいので挫折したことを思い出した。

20160618b
Canon EOS 5D MarkIII+EF70-300mm/4-5.6L IS USM

やはりトンボは止まっているのが撮影しやすい。笑

だが、飛んでいる被写体では咄嗟の撮影に対処しにくいため、たとえDSLRでもスズメバチ撮影成功を欲するあまり被写体を追いかけ回して相手を興奮させると逆にリスクが高まることもあり得るので、素人の迫力ある飛翔撮影はあきらめた方が良さそうだ。

20160618c
Olympus OM-D(E-M1)+M.ZD ED300mm/4 IS PRO+MC-14

なるべく遠距離から超望遠で停止している被写体の撮影が無難だろう。
そうなるとマイクロシステム一択になる。

ただ、スズメバチの働き蜂は寿命が2ヶ月程度だという。
GW前後からチラホラ見ていたので、被写体の撮影にはあまり時間が残されていない。

もう~、早く来て頂戴よ~。

« TOAST Pro UPG | トップページ | 父の日 2016 »

コメント

午前中、今年最後と思われるホタル撮影の下見に出かけました。
そこで初めてのトンボを見つけました。コンパクトしかなかったので
大きく撮影するしかなかったですが~今年初はやっぱり、ボルテージが
高まりますね。。(笑)  ハチはほどほど~じゃないとヤバいです。

トンボは動きがトリッキーなので、飛んでいる姿を追いかけるのはかなり難しいですよね。

先月末にオオシカシバというスズメガの仲間を撮影したときがありました。
http://cherrygoya2.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/2016-5b2d.html

このときも飛翔体を捕まえるのが実に厄介で、かなりの枚数を無駄にしています。
スズメガでこの状態ですと、スズメバチなら捕まえた方が撮影しやすいのではと考えてしまいますねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 探索2:

« TOAST Pro UPG | トップページ | 父の日 2016 »