無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 冷たい雨 | トップページ | KeyMission80(テスト撮影) »

2016年11月11日 (金)

KeyMission80 (アクセサリ)

ワンアクションで撮影可能なKeyMission80であるが、これにはいくつかのアクセサリが発売されている。
付属品のホルダーもあるのだが、微妙な角度調節ができないので試しに購入してみた。

20161111a

純正として使えるアクセサリは3点。
三脚取り付けホルダーのET-AA1、雲台のようなベースアダプターAA-1A、マウントクリップのAA-10である。

20161111b

まずは三脚へ取り付けるアダプターのET-AA1。
付属のホルダーであるAA-4には下床にマグネットが取り付けられており、本体との装着・取り外しにより電源のON/OFFが自動で可能になるのであるが、これには付いていないので自分でONにする必要がある。

20161111c

裏面には細ネジ対応のネジ穴があいている。
回転防止のピン穴も開いているので一度つければ向きが変わってしまうことはない。

20161111d

次は雲台様のベースアダプター。
6cm弱しかない小さな雲台だ。KeyMission80の2/3ほどのサイズ。
基部がベースマウントに取り付けるロック機構になっている。

20161111e

取り付けはスライドしてロックさせれば簡単にできる。
取り外しもスムース。
ベースマウントは様々なモノに取り付けられるタイプが用意されている。

20161111f

最後にマウントクリップ。
これはザックのショルダーハーネスに取り付ける。
ハーネスが厚手のモノは取り付けが面倒だが付属品のAA-4のほうがいい。
これは薄いハーネス用だと思う。

20161111g

トータルで120g。
大半がプラスチック製なので軽量であるが、強度はどうだろう。
まあ、KeyMission80は74gと軽いので余り気にしない。

20161111h

このアクセサリは微妙な角度調整に強い。
付属品のAA-4では向きの設定はほぼ不可能だからだ。

20161111i

登山用の本格ショルダーハーネスだと、厚みがあるためクリップによる装着は使い勝手が悪い。
角度調整は不向きだが、付属品のAA-4をベルトで固定した方がしっかりと装着できる。
普段使いではAA-4もない本体のみの方が楽で良いかなあ。

因みに、このアクセサリを先日なくしてしまった。
実はこのザックのショルダーハーネスにつけっぱなしにしていただけなのであるが、ザックを仕舞ったために見つけ出すまでやたら時間がかかってしまった。
写真の既往をチェックしておけば一発で見つけられたのに・・・・。

« 冷たい雨 | トップページ | KeyMission80(テスト撮影) »

コメント

最近、peak designのツールに興味をもってサイトをのぞいています。
このツールはまったく同じ感覚のものですね。このサイズだとツール
を補強をすると嫌がおうなしにカメラついてきますよね~(笑)
今日の日記も拝見して、このサイズでこの能力ってさすが~NIKON
かな~なんて。(笑) 犬がいるので、このサイズのカメラっていろんな
使い道を感じてしまいます。

peak designのプレートって、タイプによってはRRSのクランプにも取り付けられるので私も使っています。
登山にはもってこいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KeyMission80 (アクセサリ):

« 冷たい雨 | トップページ | KeyMission80(テスト撮影) »