無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 全滅 2016 | トップページ | JOY! VR 宇宙の旅人 »

2016年12月 9日 (金)

GH5 情報の噂

個人的にはE-M1 MarkIIよりも期待しているGH5であるが、いつものデジカメinfoさんにいくつかの情報が掲載されていた。

パナソニックGH5に関するいくつかの情報が掲載

デジカメinfo

- GH5にはボディ内手ブレ補正が搭載
- デュアルSDカードスロット
- ヨーロッパで録画時間の29分制限が無くなる
- ホットシューのXLRマイクロフォンインターフェースは、GH4と互換性がある
- GH5のサイズはGH4と同じなのでケージなどのアクセサリーを共有できる

と言うことらしい。
まあ目新しい情報はないが、今回の噂は精度がFT5(81-99%)なので、ほぼ決まりかなという感じである。

20161209d

ボディ内手振れ補正が確実になりそうなので非常に安心した。
デュアルカードスロットは動画主体のカメラなので仕方のないところかも知れない。
ただ、4K60p対応させるカードとなると結構お値段が張りそうだ。しかも2枚。

20161209b
Panasonic DMC-GH8+Leica DG MacroElmarit45mm/2.8OIS.

なかなか期待度の高まるボディのようだ。
発売は3月から4月頃だという。
恐らくは桜や入学式に間に合わせてくると思われるので3月あたりかなあ?

ライカ標準ズームと合わせて購入しておきたい。

« 全滅 2016 | トップページ | JOY! VR 宇宙の旅人 »

コメント

お休みの日は重たいフルサイズをぶらさげて、これで写りが悪かったら~
最低です。(笑) 軽いものでしっくり~くる写りは、なかなか難しいものがあるんだと思います。もとも展覧会も出す予定もないので、大きくしなくてもいいんですが・・・・・ 先日、フジのX-T2を試写したんですが、これがなかなか~いい雰囲気の画像を出すんです。。これから先、マイクロやAps-cのようなミラーレスくらいのほうが、気軽かな~と変化をする自分が怖いです。(笑)

フジはかなり評判良いみたいですよね。

私も以前はFujiのS5ProというNikon Fマウントを使用したDSLRボディをとても愛用していました。
スーパーCCDハニカムというダイナミックレンジを強烈にアップさせた非常に色合いの良く出るセンサーを搭載したモデルでした。
高感度はCCDの為にISO3200位で既にヤバかったのですが、富士フイルムらしくベルビア調のカラーを出せるので、鮮やかで破綻のないキレイな写真が撮れましたねえ。
個人的にCCDセンサーが好きになったモデルでもあります。

欠点はメニューレスポンスが非常に悪く、連写が秒間一枚強くらいだったと思いますがかなりクセのあるボディでしたねえ。

そんな非常に印象深かったFujiが最近はオリジナルマウントを作ってボディとレンズを開発するようになったのですから写りに関しては文句ないと思います。
私もフジノンレンズを使って見たい気持ちはあるのですが、もうマウントを増やすのはやめているので指をくわえつつ見ていこうと思います。

愛用マウントが終了する辛い体験を何度かしてきましたが、新開発マウントのレンズが充実するまでの期間もまた辛いものです。
今の所持マウントはだいたい完成しているようなので、ちょっとゆっくりしたいですねえ(笑)
EOS Mがどうなるのかはまだ分かりませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GH5 情報の噂:

« 全滅 2016 | トップページ | JOY! VR 宇宙の旅人 »