無料ブログはココログ

ana

  • ana

« お休み | トップページ | トラ 入院 »

2017年1月23日 (月)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章本予告

人生を半世紀過ぎても未だ宇宙戦艦ヤマトが大好きなちぇりたであるが、個人的にヤマト最高傑作と思われる"さらば宇宙戦艦ヤマト"が2202となりリメイクされて戻ってきた。

20170123l

最新映像技術と矛盾点を減らしたストーリーを再度この目で見られるとは、半世紀無事に生きられた褒美であろうか。
いよいよ来月の下旬に短期間であるが第一章の劇場公開が始まる。

20170123a

今度の敵は白色彗星帝国である。
小学生の時に映画館で見たセル画彗星よりヌルヌル動く。立体感があってなかなかよろしい。

20170123c

白色彗星ことガトランティス帝国はリメイクヤマト2199の時から度々登場していた。
ガミラス帝国にちょっかいを出している蛮族と呼ばれていた第三勢力だ。
それが今回の敵である。

帝国のズォーダー大帝も健在である。
オリジナルよりちょっと人相が悪くなった気がする。

20170123e

サーベラー丞相もキレイになって再登場だ。
TV版オリジナルではドロンジョ様の声だったので、ちょっとお間抜け傾向が見られたが今回は結構まっとうな感じになった。
お間抜けなサーベラーも良かったが、今回も敵役ながら活躍(?)を期待したい。

20170123j

2199でも登場してきたお馴染みのガトランティス艦隊である。
強力なアウトレンジ攻撃可能な火炎直撃砲搭載艦も登場である。
ガミラスはコレに相当苦しんだ。

20170123k

今回の地球軍は"さらば"とは異なり、和平を結んだガミラス軍との共同戦線で対応するようだ。
国連宇宙海軍の金剛型改も登場である。胸熱だ。

となると、例の戦艦も登場であろう。

20170123d_2

20170123f

20170123g

20170123h

20170123i

やはりアンドロメダがいないと"さらば"リメイクとは言えまい。
しかもお約束通り拡散波動砲も健在だ。
ちゃんと"拡散"している。

大好きな"さらばヤマト"が40年近くたってまた戻ってきた。
何度リメイクされないだろうかと期待したであろう。
DVDのみを購入するつもりであったが、ヒマがあったら映画館に行ってしまいそうな気がする。

« お休み | トップページ | トラ 入院 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章本予告:

« お休み | トップページ | トラ 入院 »