無料ブログはココログ

ana

  • ana

« E-M1と14-35mm F2 SWD | トップページ | ボーリング »

2017年1月16日 (月)

E-M1 MarkIIのハイレゾショット

E-M1 MarkIIにはハイレゾショットという20M画素センサーの上限を超えた50M画素相当の撮影を行うことが出来る。

20170116a

要は一つの素子を8回分割撮像し、各画像を合成することでより高精細な画像にするというものだ。

ハイレゾショットが通常撮影の画像に比べどの程度違いが分かるのか比較してみるのが今回のブログの主旨である。

Pon7

被写体は例の如く柴犬の置物であるぽん太様。
カメラまでの距離は2m、ボディはE-M1 MarkII、レンズはM.ZD ED25mm/1.2PRO。
ISOは200に固定、WBはオート、ハイレゾショットなので電子シャッターでレリーズケーブルを用いて撮影した。

【テスト撮影】

20170117c

コントロールとなるのは同じ条件で撮影したノルマルショットだ。
コチラも同じように電子シャッターでの撮影となった。

・コントロール

20170117d

うん、やはりキレイだ。
冬であるがピーカン撮影となったが白飛びなどしていない。
耐えるなあ。
因みに撮って出しピクセルは5184x3888

20170117h3

トリミングである。
よく解像している。
先日やった高感度テストは手振れ補正機能をOFFにしていなかったのかなあ。

・ハイレゾショット

20170117f

お次はハイレゾショットである。
ピクセル数は10368x7776
さすがにこの状況だと比はわかりにくい。
そこでコントロールと同じ範囲でトリミングしてみると・・・・。

20170117h4

おお、スゴい。
看板の木目などよく解像している。

少し眠気のある感じの画像であるが、合成しているのでラティテュードが広がったのであろうか。

20170117i

比較画像である。
jpeg変換すると少し画像が劣化するのがもどかしい。

ハイレゾモードは使える。
今度実写で確認してみたい。

« E-M1と14-35mm F2 SWD | トップページ | ボーリング »

コメント

EM-5Ⅱでも、これができるということで興味が湧いたんです。
問題は、そのデータの大きさらしいですね。j-pegにしたときの劣化は
すごくいい情報です。使いみちを考えて利用したいですね。

それより先に購入するんだった・・・(笑)

jpeg劣化はRAW現像ソフトからのモノでして、私のブログアップ上、どうしても画像を落としてファイルサイズを縮小させないとアップ上限の1Mバイトの壁を越えてしまうという事なんですねえ。

ですからRAW現像ソフトでは「おおっ」という画像も、ブログにアップしたjpegで見ると「うーん」という事が少なくありません。
まあこの辺はもう割り切ってブログに上げてます。

カメラからのハイレゾショットjpeg撮って出しという手もありますが、結局トリミングなどの編集を行うだけで画像劣化が進みますので、画質云々を言うブログ上では伝わりにくいかも知れませんねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-M1 MarkIIのハイレゾショット:

« E-M1と14-35mm F2 SWD | トップページ | ボーリング »