無料ブログはココログ

ana

  • ana

« E-M1 MarkII の高感度 | トップページ | E-M1 MarkIIのハイレゾショット »

2017年1月15日 (日)

E-M1と14-35mm F2 SWD

コントラストAF中心のミラーレスでは一般でない位相差レンズを私はマイクロフォーサーズで未だ愛用している。
オリンパスのフォーサーズ専用レンズZD ED14-35mm/F2 SWDだ。
アダプターを介することでマイクロフォーサーズマウントでも使用出来る。

20170115a

現行マイクロフォーサーズシの先代システムであるフォーサーズ専用レンズだ。
当時は世界最高の明るさを持つ標準ズームであり、換算焦点域が28-70mmと実用性も十分なレンズであった。

20170115b

そんなレンズをオリンパスボディで高速動作可能としているのが像面位相差AFだ。
DSLRのようにミラー近辺に設置された位相差センサーとは異なり、画素センサー面で位相差を行う。

本来は被写体の追従性能を引き上げるためであるが、DSLR専用位相差AFのフォーサーズレンズのAF合焦速度にもこのセンサーは恩恵がある。

因みにパナソニックのコントラストAFを極めて進化させた空間認識AFには位相差センサーが存在しないため、フォーサーズ専用レンズの使い勝手はかなり宜しくない。

20170115c

さて、初代E-M1では像面位相差により程々のAF速度を可能としていたがMarkIIではどうでしょうか。
早速、マイクロボディとの相性の宜しくない14-35mm/F2 SWDを装着してみる。

20170115e
Olympus E-M1 MarkII+ZD ED14-35mm/2.0SWD

おっ、意外にもAF速度が初代E-M1よりよろしいのではないであろうか。
さすがに専用位相差センサーとの組み合わせには負けるが、かなり実用性に近い。
初代E-M1より高速に感じる。

20170115d
Olympus E-M1 MarkII+ZD ED14-35mm/2.0SWD

今回発売になったMarkIIの公式サイトにはフォーサーズレンズとの相性に関して特段記載がなかったため、初代と同じレベルではないかと不安になっていたのだ。
が、心配無用レベルで進化している。

出来ることならパナ製ボディで位相差レンズに対応してもらい所なのであるが、まだ像面位相差を導入するには時期尚早のようなので、ちょっとだけ期待しつつもう少し待ってみたいのである。

« E-M1 MarkII の高感度 | トップページ | E-M1 MarkIIのハイレゾショット »

コメント

最近のカメラ技術のなかでも、オリンパスはうならせるものを作っていますよね~~
EM-5Ⅱの詳細を調べた時に、ハイレゾショットの内容もすごいものがあると思いました。技術はずーっと時間を書けて作っているんだな、、、メーカーのポリシーってすごいものがあると思います。
ほかのNIKONやCANONなんか~の歴史も含めてもっと学びたいと思っています。

× 側面
◯ 像面

SAKURAさん、こんにちは。

いやー、スゴい技術ですよねえ。
ハイレゾショットなどは凄まじいものを持っていますよね。
これぞデジカメという感じがします。

アノニマスさん、訂正ありがとうございます。
勘違いして覚えていました。
いや、自分的にも面にあるのに”側”って変だなあと思っていました。
一気に氷解です。
あとで記事の方も訂正しておきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-M1と14-35mm F2 SWD:

« E-M1 MarkII の高感度 | トップページ | E-M1 MarkIIのハイレゾショット »