無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 穴 | トップページ | 春のお彼岸 2017 »

2017年3月18日 (土)

EOS M5 落下事件

先日の穴ぼこにEOS M5を落っことしてしまった。

20170318a
Olympus E-M1 MarkII+M.ZD ED12-40mm/2.8PRO

穴の見つかった初日に内部が気になったので、ストロボ内蔵のEOS M5に超ハイスピードレンズのSpeedMaster35mm/0.95iiを取り付けて先日同様に撮影しようとしたのだ。

20170318b
Canon EOS M5+SpeedMaster35mm/0.95II

その日は残業が終わってから人気のなくなったひっそりとした深夜の解体現場で懐中電灯片手に撮影準備をしていた。

そこで一脚に取り付けたEOS M5を逆さまにして撮影のために穴に入れ始めた途端、音もなくM5は穴へと落ちていった。
アッ!と思ったときにはもう遅かった。
暗闇の中での作業だったので、クランプを十分に締め付けていなかったようだ。

真っ暗な底から土に落ちる濁音系の音が聞こえてくる。
暗闇で顔色は分からないが、もう真っ青であったろう。
覗き込むと背面液晶は点灯しているようだ。

慌てて庭にあるハシゴを持ち出して深い穴に下ろしていく。
ハシゴでEOS M5を潰さぬように脚のポジションを決める。
側坑内での酸欠が怖いので、深呼吸して息を止めてから一気に駆け下りた。

内部は湿って軟らかい土だ。
屈みながらEOS M5を握りしめてからハシゴを駆け上がった。
一瞬、横の漆黒の側坑をチラ見したが結構怖い。
何か見えたら嫌なので早めに登り切った。

20170318c

電源の確認や再生ボタン、シャッターなど一通りは生きているようだ。
だが、色々弄くり回すと内部に土塊が入り込んで厄介なことになるので、取り敢えず土が乾くまで放置しておくことにする。

これはオーバーホールだなあ。
購入して2週間足らずでこの体たらくである。
まあ、自分が落ちなくてラッキーか。
GH5を購入する時に修理へ持って行こう。

« 穴 | トップページ | 春のお彼岸 2017 »

コメント

ちぇりたさん、どうもです。
いや~、災難でしたね。
でも、ホント自分自身が落ちなくて
良かったですよ。
EOS M5が身代わりになったというか、
自らを犠牲にしてご主人に警告した
ような感じですね。
そう考えるとEOS M5が愛おしく
なってきますな(笑)

こんばんは。

暗闇ですと咄嗟に体が動きませんねえ。
やはり本能的なモノなのでしょうか。

仰るとおり、身代わりになってくれたと考えるようにします。
確かM5はシーリングしていなかったと思いますので、清掃がちょっと厄介ですねえ。
そろそろ土も乾いてきた頃ですので、せめてレンズくらいは外しておこうと思います。

実はこの前の穴の記事から読んだんですが~、一抹の胸騒ぎを覚えたんです・・・・(笑) いや、ホントだってです~(笑)
以前に某住宅メーカーの世田谷担当をしていたときに、同様の穴というか防空壕のような穴はたくさん工事のときに見つけたことがありました。
地元のヒトに聞くと、世田谷は地表の土が柔らかく~井戸の横穴のようなものをたくさん作ったそうです。当時のそれによく似ていました。
しかし、M5さん、つくづく~気の毒に感じました。。早く、綺麗にしてくださいね。

うわーっ!! ちぇりたさん災難でしたね。
土だらけになってしまったかわりに壊れなかった様ですから、不幸中の幸いかもですね。
怪我なく取りにいかれて良かったですね。

SAKURAさん、こんばんは。

君子危うきに近寄らずですね。
本当に懲りました。

側坑が1m足らずとかなり短いので井戸かなと思いましたが、焼けた瓦の向こうに通路が続いていたらSAKURAさんの言うとおり防空壕の可能性もありますよね。
その先には何があるのか・・・・。

これからその部分の地表部コンクリート土台をはがすので、ひょっとしたら何か出てくるかも知れません。ドキドキです。

こんばんは、コニーさん。

いやー、やってしまいました。
これは相当凹みますよ。
カメラボディでなく自身の方が。

以後、気をつけたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS M5 落下事件:

« 穴 | トップページ | 春のお彼岸 2017 »